【プロ野球/セ・リーグ】米国から復帰の巨人・山口俊が先発予定 古巣DeNA相手に勝利なるか

▼セ・リーグ対戦カード

■6/22〜6/23:巨人 vs DeNA(金沢、富山)
■6/22〜6/24:中日 vs 阪神(バンテリンドーム)
■6/22〜6/24:広島 vs ヤクルト(マツダスタジアム)

◆【パ・見どころ】怒涛の9連勝で首位浮上のオリックス 快進撃はどこまで続くか

■絶好調の高卒2年目・林晃汰はヤクルトと今季初対戦

首位阪神に勝ち越した巨人DeNAとの北陸シリーズ2連戦。巨人はMLBから2シーズンぶりに復帰した山口俊が23日の先発が有力。二軍戦でも実戦登板なしのぶっつけ登板となるが、苦しい先発陣の救世主となるか。

野手では5月25日に左太ももの違和感で登録抹消となった梶谷隆幸が復帰予定で、“元DeNA”の二人が古巣相手にチームを勝利に導くことができるか。

DeNAは13日に今季初勝利をマークした今永昇太が米国帰りの元同僚とマッチアップの予定。2試合連続2ケタ得点と好調の打線では、オースティンが13試合連続安打中と当たっている。今季巨人戦初勝利を掴めるか。

巨人にカード負け越しも貯金19で独走態勢の阪神は、鬼門のバンテリンドームで中日と対戦。今季の同球場では大山悠輔が12打数5安打の打率.417で本塁打も放っており、4番の働きが期待される。

中日は初戦に同球場での阪神戦で15年から11選負けなしで7連勝中の大野雄大が先発する。

ともにリーグ戦再開後、カード勝ち越しと好スタートを切ったヤクルト広島だが、今季の対戦成績は4勝1敗2分とヤクルトがリード。初戦に先発予定の田口麗斗は今季の広島戦で2試合に登板して防御率0.69と相性がいい。

広島は高卒2年目の林晃汰が最近5試合中3試合で3安打以上を記録するなど21打数14安打の打率.667と手がつけられない状態だ。

◆【今週の注目打者】打率上昇中のDeNA・宮崎、好相性の巨人戦で勢いをつけたい

◆【今週の注目打者】リーグ首位の原動力・吉田正尚の打率2割台の球場とは?

◆大谷超えも視野? 広島の剛腕コルニエルが日本最速タイの165キロをマーク

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします