【プロ野球/パ・リーグ】怒涛の9連勝で首位浮上のオリックス 快進撃はどこまで続くか

▼パ・リーグ対戦カード

■6/22〜6/24:オリックス vs 日本ハム(京セラドーム大阪)
■6/22〜6/23:西武 vs 楽天(メットライフドーム)
■6/22〜6/24:ロッテ vs ソフトバンク(ZOZOマリンスタジアム)

◆【セ・見どころ】米国から復帰の巨人・山口俊が先発予定 古巣DeNA相手に勝利なるか

■西武・平良は記録をどこまで伸ばせるか

パ・リーグは、オリックスが10年ぶりの9連勝で単独首位に浮上。その原動力となっているのが投手陣で、6月の月間防御率は先発が1.86、救援が2.19の好成績。特に6月から抑えを任されている平野佳寿は月間防御率0.00で8試合6セーブと絶対的守護神となっている。

打線も吉田正尚杉本裕太郎の中軸が月間打率3割を超えており、交流戦から続く連勝がどこまで続くか。

5位に5.5ゲーム差とひとり取り残された感のある日本ハムは、プロ7年目の淺間大基が3試合連続本塁打と絶好調。投手では交流戦投手二冠で自身3連勝中のルーキー伊藤大海が首位チームの勢いを止められるか。

オリックスに3連敗で首位陥落となった楽天は、前回登板で自身8試合ぶりとなる勝ち星を挙げた岸孝之がチームの連敗も止められるか。

対する西武は、パ・リーグ記録に並ぶ34試合をマークし、東京五輪代表にも選出された平良海馬がどこまで記録を延ばせるか。チームとしても今季の楽天戦6敗2分で未勝利。交流戦明けの初対戦で流れを変えたい。

7戦連続白星なしと苦しむソフトバンクは、「9回の男」岩嵜翔が7試合連続無失点を継続中。そのうち6度がチームは引き分けと、セーブシチュエーションでの登板が望まれる。

カード勝ち越しならAクラス浮上のロッテは、レアードが6月の月間打率.353と好調で、今季のソフトバンク戦では3本塁打をマークしている。首位戦線が混沌とする中、何とかAクラスに食らい付いていきたい。

◆【今週の注目打者】リーグ首位の原動力・吉田正尚の打率2割台の球場とは?

◆【今週の注目打者】打率上昇中のDeNA・宮崎、好相性の巨人戦で勢いをつけたい

◆西武平良「失点してるのに、続いてる訳分からない感じ」34試合連続無失点に複雑心境

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします