【MLB】大谷翔平と並び本塁打トップのゲレーロJr.が球宴ホームラン競争辞退へ 危惧される“フルスイング後遺症”

ブルージェイズ・ゲレーロJr(C)Getty Images

トロント・ブルージェイズブラディミール・ゲレーロJr.が21日(日本時間22日)、オールスター戦前夜に行われるホームランダービーへの出場を辞退する意向だと地元メディアが報じた。

ゲレーロJr.は、ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平と並ぶ両リーグトップの23本塁打をマークしており、大谷との“直接対決”が注目されていた。

◆大谷翔平、3年ぶり3度目の「週間MVP」受賞 オールスターファン投票も2位に64万票差で独走中

■後半戦に備えてリフレッシュを優先

地元カナダの放送局「スポーツネット」でリポーターを務めるヘーゼル・メイ氏はTwitterで、「オールスター戦に参加するのは楽しみにしている。ただ、シーズン後半戦に向けてメンタルをリフレッシュする時間を持ちたい」というゲレーロJr.のコメントを紹介。これを受けて「スポーツネット」の公式サイトもゲレーロJr.の辞退を報じた。

前回2019年のホームランダービーに出場した際には、決勝戦でピート・アロンソメッツ)に敗れたもののトータル91本という新記録を作ったゲレーロJr.。今季は21日時点で23本塁打、59打点、打率.337をマーク。3冠王を射程に捉えており、もし22歳で獲得することになれば、球聖ことタイ・カップに並ぶ史上最年少記録となる。「三冠」VS「二刀流」とMVP争いにおいても大谷の良きライバルだ。

ゲレーロJr.は最近、ホームランダービー参加に前向きな発言をしていたものの、「自身のコンディションを見極めてから決めたい」とも付け加えており、今回は最終的に心身のケアを最優先に考え、回避を決めたようだ。

■身体的に過酷なホームランダービー

すでに2017年の優勝者であるニューヨーク・ヤンキースアーロン・ジャッジも出場辞退を表明しているが、なぜ名だたるスラッガーが辞退をするのか。それは、メジャーのホームランダービーのシステムにある。基本的にオールスター出場選手の中から8名が選抜され、1対1の勝ち抜き方式で争われるのだが、勝負の決し方は持ち時間4分間で何本の本塁打を打てるか。

つまり、本数を稼ぐためには4分の間にどんどんボールを投げてもらい、打者は次から次へとフルスイングしてスタンドへ運ぶ必要がある。

優勝するためには3回打席に立たねばならず、4分×3セットの計12分間、ほぼ間断のないフルスイングを行うのは想像以上に過酷。また、440フィート(約134メートル)以上の本塁打を2本打った場合、30秒のボーナスタイムが追加されるという具合だから、体が悲鳴を上げるのもうなずける。

■大谷は泰然自若「やってみないと分からない」

フルスイング連発の影響なのか、ホームランダービー参加者の中には後半戦になって調子を落とす選手もおり、2019年のゲレーロJr.もその一人だった。その教訓を生かすため、今回は「リフレッシュして後半戦を迎える」ことを選んだものと見られる。

そうなると、いち早く参加を表明した大谷の後半戦が心配になるが、日米メディアから“後遺症”について問われた本人は「やっていないので正直分からないところではある。何事も経験してみないと分からないので」と至って冷静。“後遺症”を心配する声をよそに前向きな姿勢を見せている。

◆ダルビッシュ有、歴代最速の1500奪三振に同僚や敵将も脱帽 200試合未満での大台到達は史上初

◆注目度は大谷翔平超え メジャー最強の有望株、フランコが本塁打デビュー

◆大谷翔平、データで振り返る“左投手相手の好成績” 自己ベストの長打力を発揮中

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします