【MLB】大谷翔平、3年ぶり3度目の「週間MVP」受賞 オールスターファン投票も2位に64万票差で独走中

3戦連発で自己最多となる23号を放ったエンゼルス・大谷翔平(2021年6月20日) (C)Getty Images

米大リーグ機構MLB)は21日(日本時間22日)、第12週(14~20日)の週間MVPを発表。ア・リーグはロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平、ナ・リーグはワシントン・ナショナルズカイル・シュワバーが選出された。

第12週の大谷は、打者として打率・296(27打数8安打)、6本塁打、9打点、1盗塁をマーク。投手としては17日(同18日)に先発登板し、6回1失点、5奪三振で、今季3勝目を挙げた。

◆本塁打量産&勝利投手 大谷翔平に染まった1週間に指揮官も絶賛「本当に途方もない」

■「今週も選ばれるように頑張りたい」

大谷の週間MVP受賞は、メジャー1年目の2018年4月2日~8日、同年9月3日~9日に続いて3度目で、日本人選手としてはイチロー(5回)、野茂英雄(4回)、松井秀喜(4回)に次ぐ受賞回数。

大谷は球団を通じて「とても光栄です。今週も選ばれるように頑張りたいと思います」とコメントした。

同日、オールスターのファン投票第2回中間発表が行われ、大谷はア・リーグのDH部門で2位に64万票以上の差をつける117万4069票でトップを独走している。

大谷は23日(同24日)のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に中5日で先発を予定しており、投打に活躍する「ショータイム」から目が離せない。

◆6戦6発の大谷翔平、米メディアの表現が遂に尽きる「もう言葉が出ない」

◆大谷翔平、2試合連続となる今季22号で再び1本差 まるで“プレ・ホームランダービー”

◆大谷翔平、データで振り返る“左投手相手の好成績” 自己ベストの長打力を発揮中

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします