【プロ野球/今週の注目打者】巨人・ウィーラーが迎えた“正念場” データから見える不安要素とは

首位追撃態勢に入っている原巨人のなかで、陽気な助っ人・ウィーラーが打線のキーマンになっている。(成績は7月5日時点)

◆巨人軍「逆転優勝へのラストピース」捕手・小林誠司。守備の要が過小評価される2つの理由

■オールスターまでにどこまで活躍できるか

昨季途中にトレード加入して2年目の今季、当初はスモークテームズという新外国人の存在によって立場的には微妙な状況だったが、開幕から打撃好調で高打率をキープ。新型コロナウイルス感染のため4月4日に離脱したが、同24日に復帰して以降もヒットを重ね、5月11日からは「2番・レフト」もしくは「2番・ファースト」でレギュラーに定着。6月22日に規定打席に到達すると同時に、打率.337で首位打者に躍り出た。

ただ、先週は、5試合で17打数4安打で打率.235、1本塁打2打点とブレーキがかかり、首位打者の座もオースティン(DeNA)に譲った。さらに今週は、中日を相手に前橋で戦った後に東京ドームで2試合、さらに甲子園に移動して阪神との3連戦が予定されているが、今季のウィーラーの球場別打撃成績を見ると、地方球場2試合で打率.143と打てておらず、本拠地・東京ドームでの打率も.297。そして甲子園ではまだ3試合のみではあるが、13打数3安打の打率.231と抑え込まれている。

オールスターブレイクまで残り少なくなったなか、チームだけでなくウィーラー自身にとっても前半戦最後の正念場。今季の「データ」を覆す活躍を披露できるか。阪神と1.5ゲーム差となった首位戦線の中、ウィーラーが大きな鍵を握っている。

◆巨人・原監督も寝耳に水だったスモークの契約解除直訴「何で休んでるんだ?」

◆巨人軍「逆転優勝へのラストピース」捕手・小林誠司。守備の要が過小評価される2つの理由

◆「2冠」岡本和真に続け 期待高まる巨人の「96年世代」

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします