【MLB】エンゼルス同僚も思わず頭を抱える特大弾 大谷翔平の33号に自軍ベンチも大興奮

エンゼルス・大谷翔平(C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手が9日(日本時間10日)、敵地でのシアトル・マリナーズ戦に「2番・DH」で出場。第2打席で2試合連発となる今季33号本塁打を放った。

相手先発・ゴンザレスが投じた内角高めのボールを強振すると、打球は右翼スタンドに着弾。飛距離463フィート(約141メートル)の特大弾に敵地もざわついたが、味方ベンチでこの打球を見守ったエンゼルスの同僚たちも、頭を抱えるなど大きなリアクションを残している。

【実際の映像】エンゼルス同僚も「開いた口が塞がらない」 大谷翔平の33号特大弾に頭を抱え興奮する自軍ダグアウトの様子

■打球を見守った選手たちも興奮の特大弾

圧巻の飛距離を残した一発には敵地もざわつき、MVPコールも巻き起こった。第2打席、大谷はゴンザレスが内角高めに投じたボールを強振すると、打球は右翼スタンド上段に突き刺さった。

MLB公式Twitterはこの一打が飛び出した瞬間のエンゼルスベンチの映像を投稿。打球を見守った選手たちが、着弾の瞬間に頭を抱え「信じられない」といった反応で興奮する様子を紹介している。

◆「我々は間違いを犯した」 大谷翔平に141m特大33号を浴びた敵将も脱帽

◆【実際の映像】こんな打球角度見たことない……内角高めをフルスイングして放った大谷翔平の今季33号特大ホームラン

◆大谷翔平、3階席へ“記録づくめ”の特大33号 殿堂入り右腕も感嘆「彼は人造人間」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします