【MLB】大谷翔平、マリナーズ戦に「2番・DH」スタメン 3試合連続本塁打なるか、前半戦34号でサミー・ソーサ超え

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は10日(日本時間11日)、敵地でのシアトル・マリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3戦連続の本塁打が飛び出すか注目される。

【動画プレーバック】こんな打球角度見たことない……内角高めをフルスイングして放った大谷翔平の今季33号特大ホームラン

■打撃絶好調の大谷、直近21戦で16発

大谷は9日(同10日)、2戦連発となる今季33号本塁打を放った。飛距離463フィート(約141メートル)、打球速度116.5マイル(約187キロ)、3階席に飛び込む特大アーチ。これで直近21戦16発と打撃絶好調だ。

オールスター前の前半戦で33本塁打は、アメリカ出身以外の外国人選手としては1998年のサミー・ソーサ(当時シカゴ・カブス)に並ぶMLB記録タイ。本日を含む前半戦残り2試合で一発が出れば記録更新となる。ソーサは、同シーズンに66本のホームランを記録しながら、70本を放ったマーク・マグワイア(当時セントルイス・カージナルス)に及ばず本塁打王を逃した。

マリナーズはクリス・フレクセンが先発予定。今季7勝3敗、防御率3.80をマークしているが、4月30日(同5月1日)の対戦では、大谷に8号ソロを許している。

試合情報

マリナーズ-エンゼルス
試合開始:日本時間7月11日(日)11:10
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports、NHK BS1

◆大谷翔平、3階席へ“記録づくめ”の特大33号 殿堂入り右腕も感嘆「彼は人造人間」

◆エンゼルス同僚も思わず頭を抱える特大弾 大谷翔平の33号に自軍ベンチも大興奮

◆「我々は間違いを犯した」 大谷翔平に141m特大33号を浴びた敵将も脱帽

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします