【函館記念/脚質傾向】前々で勝負できる馬が活躍 馬券内に入る好走条件とは

18日に函館競馬場で行われる第57回・函館記念(GIII、芝2000m)の過去10年データを紹介する。

今年のフェブラリーS覇者カフェファラオはダートではなくここに矛先を向けてきた。血統的にも芝で戦える血統背景を持っており、GIホースとしてここでも好走したい。昨年の函館記念を15番人気で制したアドマイヤジャスタ、前走福島民報杯を大差で圧勝したマイネルウィルトスは凱旋門賞に登録しており洋芝では負けられないところ。巴賞を制したサトノエルドールも虎視眈々。

ここでは「脚質別傾向」を分析していく。

◆【函館記念2021/前走ローテ】巴賞快勝のサトノエルドール、函館記念は勝率1.9%と絶不調

■好走のカギは前目で競馬が出来る事

過去10年、逃げ【3-0-1-6】、先行【3-6-5-19】、差し【3-4-3-55】、追込【0-0-1-48】と逃げ、先行、差し脚質の馬が勝利を分け合い、24回馬券内に好走していることから「ある程度のポジションをとれる馬」を探すことが勝ち馬を見つける第一条件となりそうだ。

追込など後方から上がりを使う極端な競馬が持ち味の馬は苦戦傾向にあり、前々で競馬をしたい馬が上位人気に支持されそうで、近走で10番手以降の位置から脚を繰り出している昨年の覇者アドマイヤジャスタにとっては不安なデータだ。

◆【函館記念2021/人気傾向】1・2番人気は信頼置けず 波乱の立役者は複勝率「70%」を誇る7番人気

◆サンデーR吉田代表 クロノジェネシスの凱旋門賞前向き「これなら行っていい」

◆クロノジェネシス、ディープボンドなど日本馬6頭が登録

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします