【東京五輪】感情爆発で話題の豪競泳コーチが再び“歓喜の舞” 海外メディアも速報「彼がまたやった」

金メダルに輝いたティトムス(左)を祝福するボクソール氏(C)Getty Images

東京五輪競泳女子200メートル自由形は28日、決勝が行われアリアーン・ティトムス(オーストラリア)が五輪新記録となる1分53秒50で優勝。400メートル自由形に続いて金メダルに輝いた。

先日の400メートル自由形決勝では、同選手のコーチであるディーン・ボクソール氏の熱烈な喜びぶりがSNSなどで拡散され話題となったが、この日もボクソール氏は感情を爆発させ“歓喜の舞”を披露。海外メディアも速報で報じ、再び話題となっている。

【実際の映像】長髪をなびかせ、絶叫する様はまるでロックスター? 再び感情を爆発させた豪州コーチによる歓喜の舞

■「彼が“またやった”」

雄叫びをあげ、拳を何度も振りかざすロックスターのような振る舞いで注目を集めたボクソール氏は、この日も健在だった。

教え子である20歳のティトムスは今五輪で躍進。200メートル自由形・準決勝を首位で突破していたが、決勝でも五輪新記録をマークし今大会2個目の金メダルを獲得した。

直前まで冷静な眼差しで戦況を見つめていたボクソール氏だが、ティトムス勝利の瞬間、両手を振り上げ渾身のガッツポーズ。先日は興奮のあまりマスクも外してしまっていたが、この日は装着したままのあたり、“反省”も感じさせた。

この様子は海外メディアでも速報。「Eurosport UK」の公式Twitterは「彼が“またやった”。ティトムスが再び金メダルに輝き、ボクソールコーチがまたも圧巻の喜びぶり」と紹介されている。

【実際の映像】「彼がまたやった」長髪をなびかせ、絶叫する様はまるでロックスター? 再び感情を爆発させた豪州コーチによる歓喜の舞

◆イスラエルやカザフスタンの“美人旗手”にSNSで脚光 凛とした佇まいに「二度見した」

◆カザフスタンが“お姫様旗手”の舞台裏動画を公開「私達の美しい旗手がお好きなんでしょう?」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします