【東京五輪/サッカー】決勝進出かけスペインと”ガチ対決” Wエース中心の攻撃がメダルにつながる

メキシコ戦で活躍した堂安律(C)Getty Images

サッカー男子代表は3日、準決勝で優勝候補のスペインと対戦する。勝てば、史上初の決勝進出と1968年メキシコ五輪「銅」以来、53年ぶりのメダル獲得が確定する。

日本サッカー界の歴史に新たな1ページを刻むか。注目の試合は、埼玉スタジアムで20時キックオフとなっている。

◆【実際の動画】GK谷が止めた!サッカー男子は2大会ぶりの4強へ

■充実したメンバー同士によるガチ対決

グループステージを3戦全勝で駆け抜け、準々決勝ではニュージーランドをPK戦の末に下した若き日本代表。次に対峙するのは、優勝候補の呼び声高いスペインだ。

同じ欧州の強豪ドイツやフランスが思うようなメンバーを集められず、敗退の憂き目にあったのとは対照的に、スペインは各クラブの協力を得て充実したメンバーの招集に成功。ここまで順当に勝ち上がってきた。

日本も森保一監督が望むメンバーをほぼ招集できており、つまりスペインとは言い訳無用の“ガチメンバー同士によるガチ対決”となる。ドイツやフランス、あるいはアルゼンチンの名前が決勝トーナメント表にないように、五輪サッカーは世界のサッカー勢力図を反映しているとは言い難い。

しかし、日本にとっては本気の“無敵艦隊”と勝負できる数少ない機会。真っ向勝負を期待したい。

■意外にも苦戦続くスペインには疲労の色

勝機はあると言っていい。スペインはグループステージ3戦で、わずか2点しか挙げられていない。それでも、しっかり首位通過するあたりは試合巧者とも言えるが、本調子ではないのは確か。スペインメディアは苦戦の理由に「疲労」を指摘する。

中心選手で攻撃のタクトを振るうMFペドリは、昨季バルセロナで公式戦50試合以上出場し、シーズン終了後は欧州選手権に参加。そして、その足で来日というハード日程をこなしている。

18歳の身体が負担を抱えるのも当然で、スペイン国内では「ペドリ本来のパフォーマンスではない」という論調が目立つ。ペドリ含めて今回のメンバーには欧州選手権に出場した選手が6人おり、実力面ではチームにとっては頼もしい反面、シーズンの激闘 → 欧州選手権 → 五輪へ直行という弊害は覆い隠せないようだ。

もちろん、世界のサッカー界に君臨する“無敵艦隊”は、疲労というハンデを抱えてもなお強い。特に警戒が必要なのは、初戦で負傷し、戦列を離れていたゲームメイカーのMFセバージョス(レアル・マドリー)だ。

今度の日本戦からの復帰がささやかれるこのOA枠の選手は、攻撃にリズムを生み出し、スペインの誇るポゼッションサッカーの肝となる存在。ベンチスタートとなったとしても、日本にとっては怖い存在だ。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします