【MLB】8戦本塁打なしの大谷翔平、後半戦のゾーン打率から見た課題 復調のカギは「内角対応」

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地でのテキサス・レンジャーズ戦に「2番DH」でスタメン出場。3打数無安打で、打率は.270となった。エンゼルスは5-0で勝利し、貯金は1となっている。

この日も無安打かつ2三振を喫するなど、後半戦の「打者・大谷」は今ひとつ波に乗り切れない状態が続いているが、データを紐解くと内角球への対応が復調へのカギとなりそうだ。

◆大谷翔平のタイトル争いに影を落とす“誤審禍” SNSでは球審に引退勧告も

■後半戦は4本塁打、32三振

大谷は7月28日(同29日)のコロラド・ロッキーズ戦以降、8試合連続で本塁打なしとなっている。前半戦終盤は記録的なペースで長打を量産していたが、後半戦の成績は打率.239、4本塁打、32三振。シーズン通しての三振数は現在130であり、球宴以降はボールを捉えきれない場面が目立っている。

大谷の前半戦打率(左)と後半戦打率(出典:Baseball Savant)

ゾーン別の打率を紐解くと、前半戦の大谷は内外角どちらに対しても穴がなかったが後半戦に入ると内角球への苦戦が続いており、数字の悪化具合は一目瞭然だ。相手投手による内角攻めの割合自体は大きく減少していないだけに、いかにミスショットや空振りを減らせるかが復調に向けてのカギとなりそうだ。

大谷の後半戦打席結果と投球分布図(出典:Baseball Savant)

また、“二刀流フル回転”による疲労も懸念されている。マドン監督も休養の必要性に言及しており、6日(同7日)からのロサンゼルス・ドジャース3連戦はDH制のない敵地での試合のため、大谷は代打での起用となる見込み。リフレッシュと限られた打席数で復調への糸口をつかめるかが、今後の成績にも影響を与えそうだ。

◆大谷翔平のタイトル争いに影を落とす“誤審禍” SNSでは球審に引退勧告も

◆大谷翔平、夢の60発達成へのカギは「トラウタニ」再結成 待たれる現役最強打者の復帰

◆春先の大谷翔平はどれだけ厳しい判定を受けていたのか…打席での「ストライク判定」をデータで振り返る

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします