【MLB】大谷翔平、アストロズ戦「1番DH」で先発出場 1番定着後は打率.286と復調気配

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に「1番DH」でスタメン出場する。

前日の試合では4打数1安打1打点で打率は.267。8回には適時内野安打を放ち今季85打点目をマークし、打点王争いでトップを走るゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)との差は「3」となっている。

◆【速報/動画】大谷翔平、初回先頭打者ホームランで今季39号

■1番打者として4試合連続安打中

アストロズの先発は今季8勝を挙げているルイス・ガルシア。24歳の右腕は、106回2/3で129奪三振を記録しており、新人王争いでも存在感を発揮中だ。大谷とは4月25日(同26日)の対戦で今季7号本塁打を献上しているが、トータルでは4打数1安打で3三振を奪っている。

大谷は現在4試合連続で1番打者として先発出場中。この期間の成績は14打数4安打で打率.286。徐々に大谷らしい打球角度の当たりも増えており、復調の兆しを見せている。

◆1番起用は復活への起爆剤 指揮官「ラインナップ全体でオオタニを助けることが目的」

◆MLB最高峰打者の同僚トラウトが参考にした「ザ・大谷ドリル」とは

◆大谷翔平は「55本塁打でMVP受賞」 二刀流への高評価で海外ブックメーカーも“太鼓判”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします