【ボクシング】「井岡一翔vs.ロドリゲスJr.」9月1日 両者の戦績、試合結果、中継情報一覧

井岡一翔(2019年12月31日・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ時) (C)Getty Images

WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔とWBO世界スーパーフライ級2位フランシスコ・ロドリゲスJr.(メキシコ)によるタイトルマッチが9月1日、東京・大田区総合体育館で行われる。

井岡一翔、3度目の防衛 次は「統一戦を実現、この階級で一番強いと証明したい」

日本人唯一の4階級制覇王者である井岡は、昨年の大晦日に田中恒成の挑戦を退けて以来となる3度目の防衛戦。対するロドリゲスJr.も現在15連勝中(11KO)と勢いに乗っており、過去には高山勝成、長井一、戸部洋平といった日本人ボクサーも撃破している強者だ。

井岡一翔vs.ロドリゲスJr.」のテレビ中継・LIVE配信情報、両者のこれまでの戦績などは以下の通り。

◆「井岡一翔vs.ロドリゲスJr.」これまでの戦績
◆9月1日当日の中継/放送/配信等の視聴方法

結果速報・関連ニュース

井岡一翔、3度目の防衛 次は「統一戦を実現、この階級で一番強いと証明したい」

井岡一翔が計量クリア 五輪金メダル・入江聖奈らの活躍刺激「次は僕が返す番」

【ボクシング】井岡一翔、最大の敵は“モチベーション” 15連勝中のロドリゲスJr.相手に3度目の防衛戦 

井岡一翔 ドーピング騒動後からの再出発は無観客試合も「やるべきことをやる姿を見せたい」

【ボクシング】井上、井岡に続く日本人は誰だ? 海外専門誌が“日本選手限定”PFPランキングを発表

これまでの戦績

井岡一翔

・プロデビュー年:2009年
・戦績:28戦26勝 (15KO) 2敗
・身長:165.6センチ
・リーチ:168センチ
・所属ジム/年齢:志成ジム/32歳
・これまでの主なタイトル:第33代日本ライトフライ級王者、WBC世界ミニマム級王者、WBA世界ミニマム級王者、WBA世界ライトフライ級王者、WBA世界フライ級王者、WBO世界スーパーフライ級王者

フランシスコ・ロドリゲスJr.

・プロデビュー年:2010年
・戦績:39戦34勝 (24KO) 4敗 1分
・身長:163センチ
・リーチ:165センチ
・出身/年齢:メキシコ/28歳
・これまでの主なタイトル:WBO世界ミニマム級統一王者、IBF世界ミニマム級統一王者、WBCラテンアメリカスーパーフライ級王座


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします