【セントウルS/データ攻略】レシステンシアに降りかかる連対率0%の不安要素 「万全の態勢も舞台設定が……」

今週は中京競馬場でセントウルS(芝1200m)が行われる。

今年も左回りの中京で施行される当レース。今年はGI馬レシステンシアラウダシオンの始動戦とあって例年以上に注目を集めている印象だ。未来のスプリントGI馬が今回の出走馬に潜んでいるかもしれない。

この記事ではデータ面からセントウルSを紐解き、攻略への糸口を見つけていきたい。

◆【セントウルS2021予想/前走ローテ】連対資格がある馬のキーワードは「前走1200m組」 同距離からのローテは圧巻の7勝

■ピクシーナイトを後押しする「中京芝1200m重賞×福永祐一」の存在

初のスプリント戦となった前走CBC賞は2着。1分6秒1という走破時計で駆け抜けたピクシーナイト

その後は同じ小倉芝の北九州記念をパスしこのレースに参戦。GI馬が集う舞台に照準を合わせた同馬の追い風となるのが以下のデータだ。

・リニューアル後の中京芝1200m重賞×福永祐一×3人気内馬【4-0-2-1】

高松宮記念を制したビッグアーサー、ミスターメロディもこちらに該当。ある程度人気に支持された馬に騎乗した際の数字は際立っている。

余談だが、阪神芝1200m重賞×福永祐一×3人気内馬の成績は【2-1-3-5】。前述の中京との比較で信頼度はガクンと落ちてしまっている。ピクシーナイト自身、中京芝は2戦2勝の得意舞台。人馬ともにプラス材料が目白押しだ。

■レシステンシアの鬼門は「連対馬ゼロ」の秋の中京ダイワメジャー産駒

阪急杯を制したのち、返す刀で高松宮記念2着。ヴィクトリアマイルでは馬券圏外に敗れたものの、スプリント路線で仕切り直しの一戦に臨むレシステンシア

1200-1400mでは【3-1-0-0】連対率100%。この条件なら格が違う印象すら受けるものの、ひとつ気になるデータを見つけてしまった。

・秋の中京芝におけるダイワメジャー産駒成績【0-0-1-20】

秋の中京芝×ダイワメジャー産駒。この組み合わせは鬼門となっており、散々たる数字が叩き出されてしまっているのだ。

C.ルメールを鞍上に迎え、万全の態勢で挑む秋初戦。今回は例年とは異なる舞台設定がマイナスに働く可能性を考えたいところだ。

後編ではデータ面から浮上するセントウルSの穴馬候補2頭を紹介する。

◆【後編】良馬場で光り輝く、連対率「100%」の穴馬が波乱を巻き起こす

◆【セントウルS2021予想/危険な人気馬】秋の短距離路線も「3歳世代」が躍動か サマーシリーズ最終戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【2歳番付/東の牡馬編】キタサンブラック産駒に大物現る 鞍上絶賛のイクイノックスに最高評価「星5」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「セントウルS」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします