【ゴルフ/パナソニックOP】ショットメーカーぶりを可視化…今こそ注目したい「ボールストライキング」

(C)Getty Images

国内男子ツアーのパナソニックオープンが、9月23日~26日の日程で京都府・城陽カントリー倶楽部にて開催される。20~21年シーズンも後半戦に差しかかり、賞金王争いもここから激しい戦いが予想されるなか、本大会には有力選手も多数出場する。

本大会の舞台は、09年大会以来となる城陽カントリー倶楽部。伝統ある西の名門コースで、上位に食い込んでくる選手とは……。ここでは過去のデータや普段見落としてしまいがちなスタッツなどを分析し、優勝争いを演じる可能性を秘めた選手をピックアップしていきたい。

今回注目するのは、「ボールストライキング」というスタッツだ。米国ツアーでは馴染み深い指標だが、日本でも近年注目度が高まっている。この指標を用いたうえで、今年のパナソニックオープンで活躍する可能性を秘めた選手を予想していきたい。

(※JGTO公式サイトでは「ボールコントロール」という名称で同様のデータが公開されている。なお、今季のデータは、すべてフジサンケイクラシック終了時のもの)

◆【2021パナソニックオープン/注目選手】“ダークホース候補”を独自選出 20代前半の若手が京都を沸かせるか

■データから見た城陽CCの特徴

スタッツを掘り下げる前に、まずはパナソニックオープンの舞台である城陽カントリー倶楽部の特徴について振り返る。

城陽カントリー倶楽部は、高低差最大40メートルの打ち下ろしや、30メートルの打ち上げなど、比較的アップダウンの激しい丘陵コース。フェアウェイの幅は広いが、グリーンが小さめで、距離感を出すのに苦労するコースと言われる。さらに、砲台グリーンの周りにはガードバンカーが牙をむき、フェアウェイの要所要所にもバンカーが配置されており、狙ったところに落とすショットの精度が求められる。

過去に城陽カントリー倶楽部で行われた大会の「パーオン率」を紐解くと、難コースたる所以が見て取れる。2017年関西オープンのパーオン率が、4日間平均で「49.472%」、2009年アジアパシフィック パナソニックオープンが4日間平均で「53.478%」と、軒並み低い数字をマーク。21年の国内男子ツアーのパーオン率を見てみると、12試合中9試合が60%以上となっており、当コースが、いかにグリーンを捉えにくいかの証となっている。

■ショットメーカーぶりを数値化

このようなコースを攻略するのに適しているのはどのような選手なのか。それは、フェアウェイキープ率も高く、パーオンもしやすい選手。さらに飛距離もある程度持ち合わせた、いわゆる“ショットメーカー”の選手がベストと言える。ここで着目すべきがショットメーカーぶりを数値化したスタッツ、ボールストライキングだ。

ボールストライキングはトータルドライビング(平均飛距離とフェアウェイキープ率をポイント換算した順位)のランキングと、パーオン率のランキングを足したもので、20~21年シーズンの米ツアー1位は、世界ランキング1位でもあるジョン・ラーム、2位が世界ランク3位であるコリン・モリカワというように、ボールストライキングが優秀=一流プレイヤーの証にもなっている。

国内ツアーを対象に同指標を見てみると、現在1位タイが木下稜介大岩龍一、3位にチャン・キム、4位に大槻智春、5位に金谷拓実という結果となる。本大会には上位10名の中では、金谷とガン・チャルングン以外の選手が出場予定となっているが、その中では8位の池田勇太に注目したい。

池田は本大会の16年覇者であり、09年に城陽カントリー倶楽部で行われたアジアパシフィック パナソニックオープンでも2位タイでフィニッシュするなど、コースとの相性は良い。ツアー初優勝から11年連続での優勝を継続していたが、昨年は未勝利。記録は途絶えたかと思われたが、コロナ禍によるシーズン統合があり、12シーズン連続優勝のチャンスはまだ残っている。

35歳を迎えた池田が円熟味のあるプレーとスタッツ通りのショットメーカーぶりを発揮すれば、歴代1位・尾崎将司の15シーズン連続優勝に次ぐ記録達成と、2度目のパナソニックオープン制覇が見えてくる。

◆【2021パナソニックオープン/データ分析】西の名門・城陽カントリー倶楽部、難コースたる所以は「パーキープ率」の低さ

◆【2021パナソニックオープン/注目選手】“日本一曲がらない男”稲森佑貴 データ分析で見た「城陽CCで大活躍」の可能性

◆【2021パナソニックオープン/データ分析】これまでの優勝者から見える傾向とは…過去5大会分のデータを分析

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします