【プロ野球/パ・リーグ】負けられない首位オリックス 5戦5勝の西武キラー・宮城大弥が望みをつなげるか

▼パ・リーグ対戦カード

■10/21:オリックス vs 楽天(京セラドーム大阪)
■10/21:ソフトバンク vs 日本ハム(PayPayドーム)

◆ハイレベルすぎるパ新人王争い 宮城大弥、伊藤大海、早川隆久の特徴と凄みとは?

■日本ハム・伊藤大海は10勝目をかけて先発へ

2位ロッテにマジック5が点灯しているパ・リーグは、首位オリックスが5位西武と対戦する。

オリックス先発の宮城大弥は今季の西武戦で5戦5勝、対戦防御率1.34と、抜群の相性を誇る。西武先発の今井達也は、今季のオリックス戦7試合で2勝4敗、対戦防御率3.08だが、9月11日の対戦では完封勝利をマークし前回登板の楽天戦でも1失点完投勝利と、調子は上向きだ。

オリックスの打者に目を向けると、今井攻略のキーマンとなりそうなのが左打者。特に相性が良いT-岡田(15打数6安打、打率.400)と宗佑磨(17打数6安打、打率.353)の打席は要注目だ

ソフトバンク対日本ハム戦では、長谷川勇也の引退セレモニーが行われるが、負ければCS進出の可能性が消滅する試合で、本人の意向もあり、出場なしの可能性もありそう。先発のマルティネスは、自身17試合連続クオリティースタートと安定している。

日本ハムは2ケタ勝利に王手をかけて以降、5試合白星がない伊藤大海が先発。今度こその10勝目を狙う。2戦連発を含む3試合連続マルチ安打の野村佑希が援護できるか。

(成績は10月20日時点)

◆ハイレベルすぎるパ新人王争い 宮城大弥、伊藤大海、早川隆久の特徴と凄みとは?

◆「引退はひとつの死」 最速118キロで幕を閉じた松坂大輔の野球人生

◆オリックスナインに吉田正からカツサンドの差し入れ そのココロは「牛勝つ三度」

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします