【プロ野球/22日予告先発】優勝目前のヤクルト・高梨裕稔と逆転CSへ望みを託された広島・床田寛樹との投げ合い

プロ野球はセ・リーグ4球団2試合が行われる。

昨日の試合で逆転負けを喫したヤクルト高梨裕稔が先発。今季はこれまで11試合に登板し、4勝1敗。2日の広島戦では8回途中4失点7奪三振と粘投し、勝ち星を挙げた。リーグ制覇に向け、チームに価値ある勝利を届けることができるのか注目。

対する広島の先発は床田寛樹。今季ヤクルト戦は3試合に登板し1勝負けなし、防御率1.93と試合を作っている。安定感のある投球で燕打線を抑え、逆転CSへ望みをつなぎたい。

◆M3ヤクルト痛恨の逆転負け 高津監督「反省するところはたくさんある」

横浜スタジアムでは、DeNAと中日が対決。DeNAロメロがマウンドへ。今季は13試合に登板し4勝3敗、防御率3.18。9月20日の中日戦では来日初完封を挙げた。持ち前の力強い投球で、1年目の最終登板を勝利で締めくくれるか。

対する中日勝野昌慶が先発登板。前回14日のヤクルト戦では6回1失点と好投するも勝敗は付かず。自身の連敗を止める白星を挙げ、来季に弾みをつけたい。

そのほか、22日全4試合の予告先発・試合時間は以下の通り。

■セ・リーグ

DeNA-中日

横浜スタジアム
試合時間:17:45
予告先発
 デ:ロメロ [防御率3.18、4勝3敗]
 中:勝野昌慶[防御率3.59、3勝5敗]

ヤクルト-広島

明治神宮野球場
試合時間:18:00
予告先発
 ヤ:高梨裕稔[防御率3.72、4勝1敗]
 広:床田寛樹[防御率3.23、5勝4敗]

◆ヤクルト高津監督は「投手出身の監督にはあまりいないタイプ」 西山秀二氏が評価した“覚悟の采配”とは

◆ヤクルト黄金時代を支えた飯田哲也氏が語る、セ・リーグ優勝争いのゆくえ 「雰囲気は過去ナンバーワン」

◆カープ林晃汰が10号2ラン、高卒3年目・左打者では前田智徳以来の2桁

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします