【プロ野球/パ・リーグCS】対戦成績ではロッテが楽天を圧倒、短期決戦の初戦に佐々木朗希が先発

▼パ・リーグCS対戦カード

■11/6〜11/8:ロッテ vs 楽天(ZOZOマリンスタジアム)

◆【セCS・見どころ】本拠地に巨人を迎える阪神、14年ぶりに勝ち越しも甲子園では苦戦

■ロッテ・佐々木朗希はパ最年少CS先発へ

今季の対戦成績はロッテが15勝9敗1分と大きく勝ち越し、マリンスタジアムでも8勝5敗とその優劣は変わらない。

ロッテは初戦にパ・リーグ最年少CS先発となる佐々木朗希が登板。今季の楽天戦は3試合で1勝0敗、対戦防御率1.35と相性がいいが、初の大舞台で普段通りの投球ができるか。2戦目以降は小島和哉(今季の楽天戦は7試合で3勝2敗、対戦防御率3.11)、ベテランの石川歩(同2試合で1勝1敗、対戦防御率5.25)らが有力だが、今季3試合で対戦防御率1.53の岩下大輝の起用もあるか。攻撃陣は中村奨吾の対戦打率.356を筆頭に、荻野貴司が同.354、岡大海が同.353、レアードが同.326とレギュラークラスで3割打者が4人おり、荻野とレアードは初戦先発の則本昂大からいずれも今季の対戦打率が4割を超えている。

一方、楽天は今季のロッテ戦4試合で1勝0敗、対戦防御率1.61の則本昂大に続き、第2戦の先発が予想される田中将大が同5試合で1勝1敗、対戦防御率1.46と好相性を誇っている。攻撃陣では、茂木栄五郎が対戦打率は.268だが、ZOZOマリンでは.333、2本塁打と好成績。打数は少ないが、銀次が対戦打率.417、ZOZOマリンで.444の高打率を残している。超短期決戦の初戦は大きな意味を持つ。

(成績は11月6日時点)

◆楽天・石井監督爆笑会見 ロッテは「お菓子もいただけるので思い入れあるチーム」

◆戦力外通告から復活するのはズバリこの選手 各球団の成績から占う

◆オリックス、前年最下位からリーグ優勝達成の要因とは…… CS突破のキーマンも考察

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします