イブラヒモビッチが新たな名言を生み出す…新天地でも王様ぶりは健在

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドを離れ、米国MLSのロサンゼルス・ギャラクシーに移籍した、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。デビュー戦で衝撃のボレーシュートを決めた彼に、改めて注目が集まっている。

3月31日のロサンゼルスFC戦に後半26分から出場したイブラヒモビッチは、6分後にルーズボールを直接蹴り込み、約30メートル離れたゴールに直接決めた。

イブラ語録に新たな1ページが

試合終了間際には頭で逆転弾も決め、「観客がズラタンを出せと言っていたので、その声に応えてズラタンを与えてやった」とコメントも絶好調だった。

試合後に更新したインスタグラムでは、「今日を忘れないだろう」と題して、セレモニーの様子を映した動画を公開したイブラヒモビッチ。

A day to remember @lagalaxy

A post shared by Zlatan Ibrahimović (@iamzlatanibrahimovic) on

新天地でのプレーに感傷的な気分もあるのかと思いきや、次の投稿では練習に向かう自分を多くのカメラが狙っている様子を載せ、「いつも通りだ」と王様ぶりを発揮していた。

A normal day at work

A post shared by Zlatan Ibrahimović (@iamzlatanibrahimovic) on

イブラヒモビッチの投稿にファンからは、「あなたは特別で唯一無二の存在だ」「素晴らしいゴラッソだった」「私にとって史上最高の選手だよ」「最後はACミランに戻ってもらいたい」などのコメントが寄せられている。

その大胆な言動で度々世間を賑わす男が、これからどんなことをしてくれるのか楽しみだ。