【北京五輪/フィギュア】羽生結弦、クワッドアクセル転倒も合計283.21点で暫定1位

羽生結弦(C)Getty Images

北京五輪のフィギュアスケートは10日、男子シングルのフリースケーティング(FS)を行われ、五輪3連覇に挑んだ羽生結弦は4回転アクセル(クワッドアクセル)は転倒となったが、4回転トウループを着氷させるなど188.06点を記録し、合計283.21点で暫定1位に入った。

【一覧】北京五輪/フィギュア男女シングル 滑走順、結果・順位速報、中継情報一覧

■堂々たる演技を披露

羽生はSPで4回転サルコウが1回転になってしまうなど95.15点の8位からのスタートとなったが、フリーの演技使用曲である「天と地と」が場内に流れると、冒頭の4回転アクセルを転倒。ただ、4回転トウループを綺麗に着氷させるなど好演技を披露した。

SP2位の鍵山優真は14時10分、3位の宇野昌磨は14時02分に滑走予定。

◆フィギュア世界王者のチェンが羽生結弦を語る「ライバル関係とは言えない」

◆【北京五輪/フィギュア】羽生結弦、4回転アクセル挑戦を明言「彼はまだタオルを投げていない」海外メディアはフリーの演技に期待

◆【北京五輪/フィギュア】羽生結弦、まさかのSP8位「困惑の結果」「良いスタートではない」と海外メディアも落胆

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします