【NFL】スーパーボウル第56回、ロサンゼルス・ラムズが残り89秒逆転タッチダウンで22年ぶり栄冠

家族とともに声援に応えるMVPのクーパー・カップ(C)Getty Images

アメリカン・フットボール、NFLスーパーボウルは13日(日本時間14日)、カリフォルニア州イングルウッドのSoFiスタジアムで行われ、戦前の予想とは異なる緊迫のシーソーゲームの末、NFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)王者のロサンゼルス・ラムズが、AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)王者シンシナティ・ベンガルズを破り、第56回のチャンピオンに輝いた。

◆第56回スーパーボウルは全体1位QB対決とスーパー新人に“三冠”レシーバー陣に注目

■残り89秒のタッチダウンで逆転

第4Q、16対20と劣勢に立たされていたラムズだったが残り1分29秒、QBのマシュー・スタッフォードからのパスがWRクーパー・カップにわたり、タッチダウンで逆転。エキストラポイントも決め、23対20で頂点に上り詰めた。

MVPはタッチダウン・パスをゲットしたワイドレシーバーのカップ。ラムズがスーパーボウルを制すのは22シーズンぶり2度目。

◆史上最高のQBトム・ブレイディが正式に引退表明 全体199番目から頂点に駆け上がった司令塔

◆49ersを下したラムズがホームでの第56回スーパーボウルへ

◆メルカリ初出稿も話題 スーパーボウルCMに見るアメリカのスポーツ視聴事情

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします