【フェブラリーS出走馬/騎手】カフェファラオ、レッドルゼルなど16頭 テーオーケインズらサウジ組は回避

20日に東京競馬場で行われる第39回・フェブラリーS(GI、ダ1600m)の出走馬および騎手が確定した。

昨年の覇者・カフェファラオには福永祐一騎手が、JBCスプリントでGI初勝利を挙げたレッドルゼルは引き続き川田将雅騎手が騎乗し、ダート2戦目となる白毛馬ソダシは今回も吉田隼人騎手とのコンビでレースを迎える。

◆【フェブラリーステークス2022予想/追い切り診断】上位人気馬を上回る最高評価「S」は充実一途の伏兵馬 攻めの姿勢で「勝ち負け可能」

■出走馬・騎手一覧

アルクトス

【騎手】田辺裕信
【主な勝鞍】21年、20年マイルチャンピオンシップ南部杯

インティ

【騎手】武豊
【主な勝鞍】19年フェブラリーS

エアスピネル

【騎手】M.デムーロ
【主な勝鞍】17年富士S、京都金杯

カフェファラオ

【騎手】福永祐一
【主な勝鞍】21年フェブラリーS

ケイティブレイブ

【騎手】菅原明良
【主な勝鞍】18年川崎記念、JBCクラシック

サンライズノヴァ

【騎手】松若風馬
【主な勝鞍】20年武蔵野S、19年マイルチャンピオンシップ南部杯

サンライズホープ

【騎手】大野拓弥
【主な勝鞍】21年シリウスS

スワーヴアラミス

【騎手】松田大作
【主な勝鞍】22年東海S

ソダシ

【騎手】吉田隼人
【主な勝鞍】21年桜花賞、20年阪神ジュベナイルF

ソリストサンダー

【騎手】戸崎圭太
【主な勝鞍】21年武蔵野S

タイムフライヤー

【騎手】横山武史
【主な勝鞍】20年エルムS、17年ホープフルS

ダイワキャグニー

【騎手】三浦皇成
【主な勝鞍】20年エプソムC

テイエムサウスダン

【騎手】岩田康誠
【主な勝鞍】22年根岸S、21年兵庫ゴールドトロフィー

テオレーマ

【騎手】C.ルメール
【主な勝鞍】22年TCK女王盃、21年JBCレディスクラシック

ミューチャリー

【騎手】御神本訓史
【主な勝鞍】21年JBCクラシック

レッドルゼル

【騎手】川田将雅
【主な勝鞍】21年JBCスプリント、21年根岸S

◆【フェブラリーステークス2022予想/追い切り診断】上位人気馬を上回る最高評価「S」は充実一途の伏兵馬 攻めの姿勢で「勝ち負け可能」

◆【フェブラリーステークス2022予想/追い切り診断】リベンジ目論む有力馬に不満の低評価「B」 陣営の“思惑”は「次戦の大一番」か

◆【フェブラリーステークス2022予想/追い切り診断】自己ベスト更新の人気馬に高評価「A」 時計や気迫は申し分なく「反撃必至」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします