【京都牝馬S/穴ライズ】惨敗続きの穴馬に”妙味” 条件好転で「軽視できない存在」

過去10年、京都牝馬Sにおける1番人気の成績は【5-2-0-3】で勝率50%、連対率も70%と好調。近年ではサウンドキアラやレッツゴードンキ、クイーンズリングらGI好走馬が勝利しているが、今年はNHKマイルCで3着に好走経験のあるギルデッドミラーの1頭しかGI好走馬がおらず、難解な牝馬重賞となりそう。

また、厳冬期の牝馬重賞ということもあり、2019年には3連単の配当が150万超、15年には280万超をマークするなど波乱必至のレースとなっている。

高配当の立役者となっているのは前走で展開に恵まれず大敗した馬や不利を受けて大きく着順を落としてしまった伏兵馬。今年はマイルCSに出走したロータスランドと前走ターコイズSで3着に好走したギルデッドミラーが有力視されるが、それでも前走のレース内容と適性を勘定しながら「穴馬」を発掘することが攻略のポイントとなる。

◆【フェブラリーステークス2022予想/データ攻略-前編】人気馬2頭に襲い掛かる「勝率0%」の鬼門 今年最初のGIは“波乱の可能性”

■プールヴィル

前走のオーロCでは2番人気の支持を得るも、ゲート内で突進して出遅れてしまい、後方から競馬を進めるも末脚届かず4着までという結果だった。もともと出遅れ癖はなかったものの、前走は隣枠のセラピアが暴れ始め、それに反応してしまったことで一歩出遅れたことが影響したのだろう。

しかし、直線で前が開いた瞬間にギアを一段上げて前を懸命に追ったその末脚は目を見張るものがあり、ゲートさえスムーズなら1着までとも思わせるようなレース内容だった。

今回の舞台、阪神1400mは3歳時のGII・フィリーズレビューにて勝利している相性の良い条件で、舞台替わりは問題ない。一昨年に2着の好走実績があるものの、近状からはそこまで人気を背負わずレースを迎えられそうなだけに、軽視できない存在だ。

◆【京都牝馬ステークス2022予想/穴馬アナライズVol.3】推定8人気前後の人気薄 前走”度外視”で「上位争い必至」

◆【京都牝馬ステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】前走敗戦で“人気落ち”の伏兵 折り合い不安“解消”で「絶好の狙い目」

◆【フェブラリーステークス2022予想/危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 砂の王座決定戦で「買うべきではない」1頭とは

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-フェブラリーS編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします