【京都牝馬S/穴ライズ】推定8人気前後の人気薄 前走”度外視”で「上位争い必至」

過去10年、京都牝馬Sにおける1番人気の成績は【5-2-0-3】で勝率50%、連対率も70%と好調。近年ではサウンドキアラやレッツゴードンキ、クイーンズリングらGI好走馬が勝利しているが、今年はNHKマイルCで3着に好走経験のあるギルデッドミラーの1頭しかGI好走馬がおらず、難解な牝馬重賞となりそう。

また、厳冬期の牝馬重賞ということもあり、2019年には3連単の配当が150万超、15年には280万超をマークするなど波乱必至のレースとなっている。

高配当の立役者となっているのは前走で展開に恵まれず大敗した馬や不利を受けて大きく着順を落としてしまった伏兵馬。今年はマイルCSに出走したロータスランドと前走ターコイズSで3着に好走したギルデッドミラーが有力視されるが、それでも前走のレース内容と適性を勘定しながら「穴馬」を発掘することが攻略のポイントとなる。

◆【フェブラリーステークス2022予想/データ攻略-前編】人気馬2頭に襲い掛かる「勝率0%」の鬼門 今年最初のGIは“波乱の可能性”

■クリスティ

前走はJBCレディスクラシックに挑戦するも終始手応えが悪く、地方馬にも先着を許す結果となった。ここ2戦は地方交流重賞を使っているものの、いずれも大敗と結果的にダートが合っていなかったとみて度外視できる。

むしろ芝では登録メンバーのなかでも上位の5勝をマークしており、昨年の関屋記念で勝ち馬から0秒4差の6着という実績は、ここに入れば十分勝負になる。

また、今週の阪神競馬場の天気予報は雨。重馬場の非根幹距離が得意なキズナ産駒という血統背景に加え、4勝を挙げている右回りコースへの舞台替わりともなれば上位争いに加わってきていい。

◆【京都牝馬ステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】前走敗戦で“人気落ち”の伏兵 折り合い不安“解消”で「絶好の狙い目」

◆【京都牝馬ステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】惨敗続きの穴馬に”妙味” 条件好転で「軽視できない存在」

◆【フェブラリーステークス2022予想/危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 砂の王座決定戦で「買うべきではない」1頭とは

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-フェブラリーS編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします