【オーシャンS/穴ライズ】惜敗続きで“人気落ち”の惑星 「今回が最も力の出せるローテーション」

1着馬に高松宮記念の優先出走権が与えられるオーシャンS。過去10年、1番人気の成績は【3-3-1-3】で複勝率は70%を誇るものの、5~11番人気が5勝をマーク。2012年には9→5→14番人気の決着で3連単の配当は260万超えと大荒れになることも珍しくはない。

また、オーシャンS勝ち馬は次戦の高松宮記念で一度も馬券内に好走したことがなく、2020年の勝ち馬ダノンスマッシュは高松宮記念で10着、19年覇者モズスーパーフレアは15着に大敗してしまっているように、中山と中京では求められる適性が異なってくる。

高配当の立役者となっているのは中山巧者の伏兵。今年はスプリント重賞で2勝を挙げているビアンフェと近走で安定した成績を収めているナランフレグが人気を分け合う形となりそうで他は大混戦のオッズとなりそう。それでも前走のレース内容と中山適性を勘定しながら「穴馬」を発掘することが攻略のポイントとなる。

◆【オーシャンステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】単勝“6人気”前後の盲点 得意条件で「絶好の狙い目」

■マイネルジェロディ

3歳時のマーガレットSで1番人気に推されるなどスプリント路線で出世が期待されていた一頭だったが、産駒特有の気性難がレースに影響を及ぼしてしまい、2勝クラスで足止めしてしまう。

しかし、3走前の南総Sでは好位を追走し、抜群の手応えて4コーナーを迎えると、それまでの鬱憤を晴らすような末脚で抜け出し快勝。完璧なレース運びで念願のオープン入りを果たした。オープン後も3着、3着と善戦が続いているものの馬場や環境問わずに好走できていることに関しても成長が伺える。

オーシャンSが今年3戦目と使い詰めの状態だが、レース間隔4~6週での成績は【1-1-2-2】で複勝率は66.7%をマークしているように、今回が最も力の出せるローテーション。好条件で穴をあける気配は抜群だ。

◆【オーシャンステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“2桁”以上の伏兵 充実期で「初重賞Vがあってもいい」

◆【弥生賞ディープインパクト記念2022予想/追い切り診断】有力馬を上回る「A」評価は穴馬 気配上々で「上位食い込みは十分」

◆【弥生賞ディープインパクト記念2022/枠順】GI馬ドウデュースは6枠7番に入る 6年連続好走の「8枠」には伏兵2頭

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-弥生賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします