【皐月賞/馬場情報】芝「稍重」でも回復傾向 勝ち時計2分を切れば“マイラー”が台頭

第82回・皐月賞(GI、芝2000m)が行われる中山競馬場の馬場情報が17日、JRAより発表された。中山は芝・ダートともに「稍重」の発表。芝のクッション値は「標準/9.2」、芝の含水率はゴール前「12.2%」、4コーナー「13.6%」と計測された。

◆【皐月賞2022予想/穴馬アナライズ】想定“8人気”前後 「波乱の使者となる資格は十分」

■馬場回復で久々の高速決着か

木曜から降り続いた雨の影響で土曜中山は芝・ダートともに「重」でスタートしたが、午後には「稍重」まで回復。土曜中山9R・山藤賞(ローシャムパーク)は芝2000m2分00秒3で、前年の勝ち時計より0秒7速かった。

日曜も「稍重」の発表ではあるが、芝のクッション値は前日「8.7」から当日「9.2」と硬めの数値に推移している。午後から再び傘マークが出ているが、皐月賞までは持ちこたえる予報。2021年(エフフォーリア)、20年(コントレイル)は「稍重」で勝ち時計は2分以上を要したが、今年は2分を切る可能性がある。

「良」開催だった2019年は勝ち時計1分58秒1で、1着サートゥルナーリア、2着ヴェロックス、3着ダノンキングリー。2017年は勝ち時計1分57秒8で、1着アルアイン、2着ペルシアンナイト、3着ダンビュライトと、時計が速くなればマイル~中距離タイプの馬が台頭している点は見逃せない。

17日午前に計測された中山芝・ダートの含水率、芝のクッション値は以下のとおり。

当日/4月17日(日曜)

含水率
┗ゴール前=芝12.2%|ダ10.4%
┗4コーナー=芝13.6%|ダ11.4%
芝のクッション値=9.2[標準]

前日/4月16日(土曜)

含水率
┗ゴール前=芝13.5%|ダ12.3%
┗4コーナー=芝14.8%|ダ12.6%
芝のクッション値=8.7[標準]

前年/4月18日(皐月賞当日)

含水率
┗ゴール前=芝14.3%|ダ16.5%
┗4コーナー=芝14.8%|ダ17.9%
芝のクッション値=7.9[やや軟らかめ]

◆【皐月賞2022予想/追い切り診断】異例ローテで臨む人気馬に「A」評価 逆風にも“どこ吹く風”

◆【皐月賞2022予想/データ攻略】厩舎と血統が後押し、波乱を巻き起こす可能性の穴馬候補

◆【皐月賞2022予想/危険な人気馬】イクイノックスは“消し”評価 「不安要素のほうが大きい」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします