【MLB】大谷翔平、「1番・投手」でスタメン 今季3度目の“リアル二刀流”で1勝目なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は20日(日本時間21日)、敵地ミニッツメイド・パークで行われるヒューストン・アストロズ戦に「1番・投手」でスタメン出場する。

大谷は前日の同カードで4打数無安打1四球に倒れ、連続試合安打は「8」でストップ。打率を.216とした。大谷以外の先発メンバーは全員安打を放ち、チームは7-2と快勝。エンゼルスはここまで7勝5敗で、地区首位に再び浮上した。

◆大谷翔平、今季初勝利の裏にあった“スライダーの積極活用” 快投に敵将賛辞「素晴らしかった」

■今季1勝目に向け好材料が揃う

相手投手のジェイク・オドリッジは通算68勝の右腕。同投手とは前回8日(日本時間9日)に対戦しており、エンゼルスは4回で6安打2得点、大谷は2打数1安打で今季初安打をマークし、後続も続いて先制のホームを踏んだ。

大谷は前日こそ無安打に終わったが、直近5試合で2度のマルチ安打を含む3本塁打を記録するなど調子を上げている。

前回登板のレンジャーズ戦では満塁弾を浴びるなど4回途中6失点と炎上したが、開幕戦のアストロズ戦では5回途中1失点と好投した。さらに、エンゼルス打線も直近6試合で平均6.5得点を上げており、打線の援護も期待できるだけに、大谷の今シーズン1勝目なるか。

試合情報

アストロズ-エンゼルス
試合開始:日本時間4月21日(木)7:40
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

◆大谷翔平、今季初勝利の裏にあった“スライダーの積極活用” 快投に敵将賛辞「素晴らしかった」

◆“The Monster of the Reiwa”完全試合の佐々木朗希に米メディア注目「オオタニ以来の若手スター」

◆大谷翔平、第3打席に今季2号で「1試合2発」の猛チャージ 異例の“申告敬遠押し出し”後の一発

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします