【MLB】大谷翔平、「4番DH」スタメン 剛腕ジオリトから「完全休養」明けV字回復4号アーチなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は29日(日本時間30日)、敵地ギャランティード・レート・フィールドで行われるシカゴ・ホワイトソックス戦に今季初の「4番DH」でスタメン出場する。

◆【速報/実際の映像】大谷翔平、今季初の4番で4号ソロ 「これがホームランだ!」と実況も絶叫

大谷は2022シーズンこれまで、投打同時出場での4戦を含む19戦に連続出場していたが、開幕20戦目にして初の「完全休養」に充てた。前回27日(同28日)のガーディアンズ戦では“リアル二刀流”で出場、投げては5回5安打2失点、打っては5打数3安打1打点と投打で活躍。今季初の猛打賞と本拠地初打点を記録し、2勝目を挙げた。エンゼルスは、昨日も4-1と快勝し5連勝。2位シアトル・マリナーズとのゲーム差を1.5に広げ、西地区1位をキープしている。

■昨季は休養明けに「3本塁打」

相手先発のルーカス・ジオリトは、昨季31試合に登板して11勝9敗、201奪三振、防御率3.53。今シーズンは3年連続となる開幕投手を務めるなど2試合に登板し被安打5の15奪三振、防御率1.13と好投している。ジオリトは開幕戦翌日に下腹部の挫傷で10日間の負傷者リスト(IL)に入るも、前回24日(同25日)のツインズ戦では4回で許したヒットは4、9奪三振、1失点と復帰戦でも剛腕ぶりは健在だ。大谷との対戦成績は、これまで14打数4安打1本塁打。

昨季、大谷はオールスター明けから打率と本塁打ペースともに低迷したが、7月23日(同24日)に「完全休養」すると、その打棒を発揮。休養前5試合で22打数3安打1本塁打2打点であったのに対し、明けた5試合は22打数8安打3本塁打7打点と、V字回復を見せた。

大谷は直近10試合でノーアーチではあるものの、前回は5度目のマルチ安打と調子を取り戻しつつある。リフレッシュしたバットで、MLB屈指の剛腕・ジオリトを打ち崩せるか。復活の4号アーチに期待したい。

試合情報

エンゼルス-ホワイトソックス
試合開始:日本時間4月30日(土)8:10
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

◆大谷翔平、今季初の4番で4号ソロ 「これがホームランだ!」と実況も絶叫

◆不振続く大谷翔平について打撃コーチが見解「パニックになっていない。誰もが経験すること」

◆大谷翔平、二刀流の本領発揮で躍動 5回2失点で2勝目、バットでは今季初3安打固め打ち

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします