【格闘技/RIZIN LANDMARK vol.3】“鬼神”クレベル・コイケ、開始わずか「1分37秒」で宣言通りの一本勝ち

(C)RIZIN FF

配信特化の総合格闘技イベント「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.3」は5日、第5試合のメインマッチでクレベル・コイケ萩原京平に第1ラウンド1分37秒で一本勝ちの勝利を収めた。

【大会プレーバック/RIZIN LANDMARK vol.3】“マッスルプリンス”YUSHIが入場も試合もド派手に魅せてプロ初白星!豪快フックで2RKO勝利

■クレベルコイケはRIZIN5戦5勝

(C)RIZIN FF

ゴングが鳴ると萩原が一気に攻め、クレベルをコーナーに追い込む。距離を取りつつ萩原が強烈なパンチでクレベルを攻め、クレベルの左まぶたから流血もあった。しかし、早くも寝技に持ち込むクレベル。ここで一気にクレベルが背後を取り、バックチョークが極まり萩原がタップアウト。

第1ラウンドわずか1分37秒、クレベル・コイケが一本勝ち。クレベルはRIZIN5戦5勝、MMA6試合連続の一本勝ちを収めた。

試合後、マイクを取ったクレベルは「次はタイトルマッチをやりたい。牛久、かかってこい。逃げないでください」と、現フェザー級王者・牛久絢太郎との対戦をアピールした。

◆【大会プレーバック/RIZIN LANDMARK vol.3】グラップリングタイトルマッチと、倉本一真vs.魚井フルスイングの熱戦の結果はこちら

◆米国修行中の朝倉海、「UFCではなく……」 7.2沖縄アリーナ「RIZIN.36」で復帰戦

◆「THE MATCH 2022」両団体のチャンピオン集結 RISE対K-1のキック団体“対抗戦”カード発表

文・工藤愛梨(SPREAD編集部)

「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.3」
【PR】中継/配信/PPV等の視聴方法
5月5日「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.3」は【Exciting RIZIN】ほか全9社でPPV配信。アーカイブ配信は5月10日(火)23:59まで。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします