【MLB】大谷翔平、「3番DH・投手」スタメン ゲレーロJr.との「本塁打王vs.MVP」対決を制する“二刀流アーチ”なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるトロント・ブルージェイズ戦に「3番DH・投手」で先発出場する。

大谷は前日のレンジャーズ戦で3打数無安打1四球と、2試合連続で無安打に倒れた。エンゼルスは2-7と完敗し、連勝は「3」でストップ。首位ヒューストン・アストロズとのゲーム差は「2」に広がった。

◆大谷翔平とゲレーロJr.の対決実現に現地メディアも興奮 「競争を楽しむ2人は誰もが認めるスター」

■日韓を代表する投手同士の投げ合い

相手先発の柳賢振(リュ・ヒョンジン)は韓国出身のメジャー9年目左腕。2019年には開幕投手を務め、14勝5敗、防御率2.32で最優秀防御率のタイトルを獲得した。今季は開幕早々に負傷者リスト(IL)入りし、ここまで4試合で1勝0敗、防御率6.00。前回20日(同21日)のレッズ戦では6回6安打無失点に抑えて、今季初勝利をマークした。大谷とは今回が初対戦となる。

大谷は前回登板した18日(同19日)のレンジャーズ戦では、6回6安打7奪三振2失点。打撃では5打数無安打2三振と快音なしだが、今季は投打同時出場の7試合中、マルチ安打3回のほか5試合で安打をマークしている。

昨季、シーズン後半まで本塁打王争いを繰り広げたブラディミール・ゲレーロJr.との投打にわたるマッチアップにも注目。ゲレーロJr.は今季ここまで打率.263、8本塁打と苦戦しているが、24日(同25日)のカーディナルス戦で16試合ぶりの一発が出た。大谷が今季初の“二刀流アーチ”となる10号と4勝目を挙げ、「本塁打王 vs. MVP」対決を制するか。

◆大谷翔平とゲレーロJr.の対決実現に現地メディアも興奮 「競争を楽しむ2人は誰もが認めるスター」

◆大谷翔平、トラウトだけじゃない マドン監督も称賛するエンゼルスの若き才能

◆「大谷翔平とトラウトがいるだけで十分」 米メディアがエンゼルスを最注目チームに認定

試合情報

エンゼルス-ブルージェイズ
試合開始:日本時間5月27日(金)10:38
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします