【MLB】大谷翔平、15試合ぶりのベンチスタート 代打出場で14号ホームランなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は12日(日本時間13日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるニューヨーク・メッツ戦の先発ラインナップにその名がなく、15試合ぶりのベンチスタートとなった。

大谷は前日の試合で4打数3安打(1本塁打)3打点3得点1四球と大活躍。打率を.255に上げた。試合はエンゼルスが11-6で勝利した。

◆大谷翔平の13号弾などエンゼルス打線爆発 特別ユニフォームでの大勝に地元記者も「永久に使うべき」

■ウォーカーからは20年に本塁打

メッツは今季3勝2敗、防御率3.28をマークしている右腕タイワン・ウォーカーが先発する。シアトル・マリナーズ在籍時の2020年に大谷と対戦しており、その試合では飛距離351フィート(約107メートル)の本塁打を許している。

現在8試合連続安打中の大谷だが、ここ3試合で2本塁打とようやく調子が上向いてきた。この日はマイク・トラウトがDHで出場。大谷はベンチスタートながら、好機のピンチヒッター出場での14号に期待したい。

◆大谷翔平の13号弾などエンゼルス打線爆発 特別ユニフォームでの大勝に地元記者も「永久に使うべき」

◆大谷翔平のサポーティング・キャストが続々復帰へ V字回復への鍵はWIFF

◆「肉体的な厳しさに耐えられない」大谷翔平の同僚、ウォルシュが二刀流断念の内幕明かす

文・SPREADで集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします