【今週の決戦】パ首位攻防戦はエースの初顔合わせ ソフトバンク・千賀滉大と楽天・田中将大の投げ合いはいかに…

貯金11の首位・東北楽天ゴールデンイーグルスと貯金8の2位・福岡ソフトバンクホークス、リーグ再開初戦はいきなりの首位攻防戦となる。

そして17日の第1戦で、大物右腕同士による“初対決”が実現する。

◆【今週の決戦】中日・大野雄大vs.巨人・菅野智之 沢村賞エース対決はリベンジか、それとも…

■田中将は自身4連敗中

ソフトバンクの先発は千賀滉大だ。

今季10試合に登板して4勝3敗、防御率1.70。楽天を相手には今季2度の登板で計15イニングを2失点も自責0で対戦防御率0.00の数字を残している。ただ、5月以降は登板5試合で1勝3敗と黒星先行で、前回6月10日の登板ではヤクルトを相手に7回6安打2失点で負け投手となった。チームにとっても自身にとっても大事なリーグ戦再開初のマウンドとなる。

一方、楽天の先発は田中将大だ。今季10試合に登板して4勝5敗、防御率1.99。こちらも防御率1点台ながら、5月10日の完封勝利を最後に自身4連敗中と勝ち星に恵まれていない。

前回6月7日の登板でも広島相手に8回7安打3失点(自責2)も負け投手となった。ソフトバンクを相手には今季初登板。自身の連敗をストップさせたい。

昨夏の東京五輪ではチームメートとして戦った右腕同士が、公式戦の先発マウンドで投げ合うのは今回が初めて。元メジャーリーガーとメジャーから嘱望される右腕、果たしてどちらに軍配が上がるのか。リーグ再開、首位攻防戦の中で「千賀vs田中」の白熱した投手戦に期待したい。

◆【今週の決戦】中日・大野雄大vs.巨人・菅野智之 沢村賞エース対決はリベンジか、それとも…

◆鈴木誠也や千賀滉大だけじゃない 米専門サイトが将来のMLB挑戦を期待する5選手

◆「スポーツの未来を共に創ろう」スペシャルマッチ「Rakuten DAY」開催 則本昂大100勝に花

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします