【MLB】大谷翔平、「3番DH」スタメン出場 昨季攻略の左腕からトンネル脱出14号アーチなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は20日(日本時間21日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「3番DH」で先発出場する。

大谷は前日のシアトル・マリナーズ戦で4打数無安打に終わり、3試合連続無安打となった。打率は.250。チームはマイク・トラウトの21号2ランなどで快勝し、連勝を「3」に伸ばした。

◆【速報】大谷翔平、一塁までわずか4.1秒の“俊足”内野安打を記録も、エンゼルスは連勝「3」でストップ

■14打席連続凡退も、監督代行の信頼変わらず

相手先発のクリス・ブビックは今季9試合に登板し、0勝4敗、防御率8.36と苦しんでいる。前回14日(同15日)のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では5回1/3を投げて5安打3失点で負け投手だった。大谷とは昨年6月8日(同9日)に対戦し、飛距離470フィート(約143メートル)の特大アーチを献上している。

大谷は現在3試合14打席連続凡退となっているが、フィル・ネビン監督代行は前日の試合後に「打球速度やバレル角度で捉えた回数からするといつも通り。スイングに問題ない」と変わらぬ信頼を語った。トラウトの活躍だけでなく、投手陣も2試合連続完封リレーを見せるなどチームの状態が上がっているだけに、大谷も特大アーチの再現でトンネル脱出といきたいところだ。

◆大谷翔平、3試合連続無安打ながら打球速度やバレル角度に異変なし 指揮官も「また打つよ」と太鼓判

◆エンゼルス、大谷翔平の契約延長はどうなるのか いつまで「二刀流」を継続できるか算定困難

◆トラウト、メジャー初の偉業・同一シリーズで決勝弾4発 「チーム全体の励みになる」と指揮官

試合情報

エンゼルス-ロイヤルズ
試合開始:日本時間6月21日(火)10:38
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします