【MLB】大谷翔平、3試合連続無安打ながら打球速度やバレル角度に異変なし 指揮官も「また打つよ」と太鼓判

エンゼルス・大谷翔平と監督代行のフィル・ネビン(右)(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は19日(日本時間20日)、敵地でのシアトル・マリナーズ戦に「3番DH」で先発出場。4打数無安打に終わり、3試合連続無安打となった。打率は.250。チームはマイク・トラウトの21号先制2ランなどで快勝(4-0)。

3連勝で借金を3に減らし、ア・リーグ西地区の2位に浮上した。エンゼルスは現地20日から本拠地で行われるカンザスシティ・ロイヤルズとの3連戦に臨み、大谷は同22日に6勝目をかけて先発登板する予定となっている。

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

■「父の日」仕様のスパイク着用

この試合、「父の日」にちなんで水色をあしらったスパイクで臨んだ大谷。今季ここまで7勝と好調のローガン・ギルバートと対戦し、第1打席は初回2死走者なしで中飛に倒れた。トラウトが21号先制2ランを放った直後に迎えた4回の第2打席は中直、6回2死一塁の3打席目は左飛に終わった。第4打席は救援のヌニョスと対戦し、空振り三振。「父の日」仕様のスタイルも実らず、4打数無安打で打率は.250に下がった。

大谷は前日18日(日本時間19日)のダブルヘッダーで、2試合合計9打数無安打。そして、この日も4打数無安打となり、四球による出塁もなく2日間3試合13打席連続凡退となった。

当たりの出ない大谷について、フィル・ネビン監督代行は試合後、米放送局『バリー・スポーツ・ウエスト』などのインタビューに答え、「打球速度やバレル角度で捉えた回数からするといつも通り。スイングに問題ない」と話し、「彼はプロだし、少し休んでまたヒットを打つよ」と心配していない様子だった。

試合は4回に主砲マイク・トラウトの3試合連続となる21号2ランで先制したエンゼルスが、終盤にも加点。守っては6投手の継投で逃げ切り、2試合連続の完封勝ち。3連勝を飾り、地区2位に浮上した。さらに勢いを付けるためには、トラウトと並ぶチームの顔、大谷の打撃上昇が必要なことは言うまでもない。

◆トラウト2戦連発決勝弾、3年ぶり20号の影に大谷翔平 敵将も「トラウタニ」の脅威に苦悩

◆大谷翔平は「マウンドで輝いていた」 完勝呼び込む“エースの働き”を現地メディア称賛

◆エンゼルス、大谷翔平の契約延長はどうなるのか いつまで「二刀流」を継続できるか算定困難

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします