【MLB】カブス鈴木誠也、15試合ぶり同点11号弾 「みんなにアイスクリームを!」と実況興奮

今季11号を放ったカブス・鈴木誠也(C)Getty Images

シカゴ・カブス鈴木誠也は6日(日本時間7日)、本拠地レグリーフィールドで行われたシンシナティ・レッズ戦に「2番ライト」で先発出場。5回の第3打席、2死三塁の場面で15試合ぶりとなる同点11号2ランをレフトスタンドに叩き込んだ。

◆【実際の映像】鈴木誠也、15試合ぶり11号同点弾 「みんなにアイスクリームを!」と実況興奮

鈴木は1-3とカブスがリードを許した5回ツーアウトから打席に入ると、カウント1-1から相手先発ジャスティン・ダンが投じた3球目のストレートを強振、打球速度99マイル(約159キロ)、飛距離375フィート(約114メートル)の打球は本拠地名物の垣根フェンスを越え、スタンドイン。同点2ランとした。

この同点弾に実況は「こいつは手がつけられない! 3-3の同点、みんなにアイスクリームだ!」と大興奮だった。

カブスは鈴木の同点弾で勢いつき6回以降、ニック・マドリガルのタイムリーなどでリードを築き、9-3で快勝した。

鈴木は直近7試合の打率を.357とし、長打率も.500と調子を上げて来ている。

◆【実際の映像】鈴木誠也、15試合ぶり11号同点弾 「みんなにアイスクリームを!」と実況興奮

◆「速球へのチャレンジと調整が必要」鈴木誠也の課題を米紙指摘

◆なぜ鈴木誠也の評価は米国で高騰するのか 現地の声や成績面から見えた“真の強み”とは

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします