【MLB】ダルビッシュ有、ナ・リーグ最多21度目のQS達成で13勝目 3発被弾も7回途中3失点

今季13勝目を挙げたダルビッシュ(C) Getty Images

サンディエゴ・パドレスダルビッシュ有は7日(日本時間8日)、敵地で行われたアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発登板、6回を投げ、5安打6奪三振3失点の投球で今季13勝目を挙げた。

◆【実際の映像】パドレスもダルビッシュの3000奪三振を称える奪三振ショーを公開

■元阪神スアレスが好救援

今季26度目の先発マウンドに上がったダルビッシュは、初回こそ3者凡退に打ちとったものの、2回にドールトン・バーショ、コービン・キャロルに2者連続ホームランを打たれ、リードを許す展開に。4回には再びバーショに2打席連続となる一発を浴びた。

だが失点を許したのはここまで。味方打線の援護を受けたダルビッシュは7回途中まで投げ、ランナー2人を溜めたところで降板。後続を元阪神タイガースのロベルト・スアレスが抑え、ピンチを脱した。

この日のダルビッシュは95球(ストライク58球)を投げ、最速は96.3マイル(約155キロ)、防御率は3.31。今季ナ・リーグ最多となる21度目のクオリティスタートを達成した。

試合はパドレスが着実に得点を積み重ね6-3で勝利。相手の一発攻勢に苦しめられたダルビッシュだったが、粘りの投球で試合を作り13勝目を手にした。

◆日本人投手通算奪三振記録、ダルビッシュの現在の順位は……

◆ダルビッシュ有、7回3失点で大谷翔平と同日11勝目 分析家も「幻惑させる」と絶賛の投球で通算90勝達成

◆【スポーツ回顧録】ファンの度肝を抜き続けた野茂英雄のメジャー100勝達成

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします