【RIZIN.39】「牛久絢太郎vs.クレベル」のタイトルマッチ開催 朝倉未来らフェザー級戦線王座の行方に注目

(C)RIZIN FF

総合格闘技団体「RIZIN」の榊原信行CEOは16日、オンラインにて記者会見を行い「湘南美容クリニック presents RIZIN.39(ライジン39)」を10月23日、マリンメッセ福岡A館にて開催すると発表した。会見にはRIZINフェザー級王者の牛久絢太郎も登壇し、5戦連続一本勝ちのクレベル・コイケとのタイトルマッチ開催も発表された。

◆【超RIZIN】「メイウェザーvs.朝倉未来」格闘家たちの試合展開予想まとめ、大会概要・ルール、戦績、体格差

■牛久「飛行機に乗ってる時間も僕は練習してる」

牛久は「僕がチャンピオンになってちょうど1年、このタイミングでクレベル選手と試合できることを光栄に思いますし、楽しみにしています」と強敵との対戦に腕をぶした。

試合については「相手のペースで戦わず、僕のペースで試合を運びます」とし、クレベルが海外で武者修行を積んでいることに対しては「飛行機に乗っている往復の時間、僕はこっちで練習していますので、そこは自信を持っています」と、“牛久節”が炸裂。インタビュアーを務めたフリーアナウンサーの鈴木芳彦氏も思わずにっこりな、牛久らしい平和な記者会見となった。

牛久は、昨年10月24日にRIZIN初参戦。現DEEPフェザー級王者でもある牛久は、元王者・斎藤裕とのタイトルマッチを制して、RIZIN初戦にして王座を獲得。同年12月にはDEEPの防衛戦で二度目の王座防衛に成功し、今年4月の「RIZIN.35」では斎藤と再びタイトルマッチで対戦し、初防衛を果たしている。

◆【超RIZIN】メイウェザー、朝倉未来との体格差 “意に介せず” 「結果はすべて俺次第」と揺るがぬ自信

◆【超RIZIN】なぜ朝倉未来は「勝てそうな気しかしない」と語るのか メイウェザー相手でも「打たれ強さには自信」

◆【超RIZIN】朝倉未来、メイウェザー攻略法は「2、3個ある」 「パンチを無視すること」と対策明かす

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします