【RIZIN.38】萩原京平、失意の3連敗で心境吐露「やっちゃったな」「まだまだ実力が足りてない」

(写真:SPREAD編集部)
(写真:SPREAD編集部)

「湘南美容クリニック presents RIZIN.38」が25日、さいたまスーパーアリーナで行われ、第2試合で鈴木千裕萩原京平に一本勝ち(2R 2分14秒、リアネイキドチョーク)を収めた。敗れた萩原はこれでRIZIN3連敗と厳しい状況に立たされた。

◆【速報/KOシーン動画あり】堀口恭司、1年9カ月ぶりの凱旋勝利 金太郎を肩固めで撃破「ヒヤヒヤさせてしまって…」

■「まだまだ実力が足りてない」

試合後、会見場に登場した萩原は開口一番、「やっちゃったな。実力がまだまだ足らなかったというのを改めて思った」と率直な感想。その理由に「ここで勝つか負けるか、この先がだいぶ変わってくると思ってたし、正直勝てる自信もあったので、ここで負けるかというふうに思いました」と語った。

敗戦後に鈴木とグータッチをしたことについては「とくに深い意味はない。対戦相手あってこその試合なので一応お礼を伝えた」と述べ、「もっと打撃戦になるとは思ったけど、あんまりパンチも打ってこなかったので、鈴木選手も拳の怪我をしているところで、その影響もあって組技に全振りしてきたかなという感じです」とコメントした。

調整も順調だったというなかで、寝技での3連敗については「まだまだ実力が足りてない。これからはそこだけの練習をしてもいい」と現状について思いを語り、ファンについては「いつも応援してくれてるファンには感謝してるし、こうやって3連敗をしながらも応援してくれる。このままでは終われない」と再び立ち向かうと誓った。

◆【速報/KOシーン動画あり】堀口恭司、1年9カ月ぶりの凱旋勝利 金太郎を肩固めで撃破「ヒヤヒヤさせてしまって…」

◆【超RIZIN】朝倉未来が“衝撃の一戦”を振り返る 対峙したメイウェザーは「技術が異次元」「ここまで戦えたことは自信に」

◆【超RIZIN】完勝メイウェザーが評価した朝倉未来の“覚悟” 付き人ジジには「見る目は変わらない、愛してる」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします