【MLB】アーロン・ジャッジ、歴史的マリス超えの62号先頭打者弾 「ついにやった、キングだ」と実況大興奮

ロジャー・マリスを超える62号を放つ歴史的瞬間 (C) Getty Images
ロジャー・マリスを超える62号を放つ歴史的瞬間 (C) Getty Images

ニューヨーク・ヤンキースアーロン・ジャッジは4日(日本時間5日)、敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦ダブルヘッダー第2試合に「1番右翼」で先発出場。第1戦を5打数1安打で終え、第2戦の初回第1打席に左翼へ第62号弾を叩き込んだ。この一打で1961年にロジャー・マリス(ヤンキース)が打ち立てたアメリカン・リーグ記録を61年ぶりに更新した。

◆【実際の映像】アーロン・ジャッジ、マリス超えア・リーグ記録の“歴史的”62号

■レジェンドの記録超えでMVPは手中か

今季記録的なペースで本塁打を重ねてきたジャッジがついに歴史的な一発を放った。

歴史的な先頭打者ホームランだった。ダブルヘッダー第2戦の第1打席、ジャッジは相手先発ヘスス・ティノコが1-1から投じた3球目のスライダーを強振すると打球は大きな弧を描き左翼へ。打球角度35度で打ちあがった打球は速度100.2マイル(約161キロ)、391フィート(約119メートル)だった。打った瞬間に敵地も総立ちとなり、ジャッジは大歓声を浴びながらダイヤモンドを一周した。

ジャッジは、この記録達成によりロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平とのMVP争いにおいても、圧倒的優位にたった。

◆【実際の映像】アーロン・ジャッジ、マリス超えア・リーグ記録の“歴史的”62号

◆大谷翔平 vs. アーロン・ジャッジのMVP争いよりも過激化する舌戦「女々しい奴」「二刀流はショー」と物議呼ぶ言葉飛び交う

◆ジャッジ、マリスに並ぶア・リーグ記録タイの61号弾 実況も「歴史を作った」と絶叫

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします