Advertisement

【NBA】八村塁に招待されたディナーは「しゃばしゃば」だったとチームメートが証言

「しゃばしゃばでも、しゃぶしゃぶでもなく、すき焼きだった」と解説する八村塁 撮影:SPREAD編集部
「しゃばしゃばでも、しゃぶしゃぶでもなく、すき焼きだった」と解説する八村塁 撮影:SPREAD編集部

プレシーズンマッチ「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN」は全日程を終え3日、ゴールデンステーツ・ウォリアーズワシントン・ウィザーズともに帰国の途に付き、公式戦に向け最終調整を行う

◆Japan Games第2戦 八村塁はダブルダブルの活躍もウィザーズが逆転を喫し2連敗

■しゃぶしゃぶでもなく、すき焼きだった いったいなぜ…

ウィザーズの八村塁は前日もNBA選手として母国での試合で躍動、両チーム最多の26分21秒に出場、11得点に10リバンドとダブダブルの活躍を見せた。また第2クォーターには一時同点となるシュートを決め、「プレー・オブ・ザ・ゲーム」にも選出された。

Advertisement

試合後、ここでも最長となる9分におよぶ記者会見に応え、日本を後にした。

なかでももっとも話題となったのは、前日のチームでのディナー・メニュー。

試合前の公開練習でも八村はチームメートを「鉄板焼き」に誘うと明言。ところがこの日、八村に先んじて試合後の記者会見におよんだウィザースのクリスタプス・ポルジンギスはディナー・メニューについて「しゃばしゃば」と回答。ディナーがしゃばしゃばだったのか……と取材陣もざわついたが、これは「しゃぶしゃぶ」だったのだろうと推察。外国人記者たちの間では日本通が「湯煎した和牛を醤油タレか胡麻だれにつけて食すメニュー」と解説するひと幕も。

Advertisement

八村に「しゃばしゃばに連れて行ってもらった」とご機嫌のポルジンギス 撮影:SPREAD編集部

しかし実際、八村が会見の席につき「しゃぶしゃぶだったそうですね」と質問が飛ぶと、「いや、鉄板焼きですね」と公開練習時と同じ回答。いったいどこで何が……。すると八村は自身の好物でもある「すき焼きが出たんで、それをしゃぶしゃぶと勘違いしてるんじゃないかな。ちゃんと教えておきます」と付け加えた。これには会場も爆笑。すると、さきほどの日本通記者は、今度はすき焼きメニューについて再度解説する忙しなさだった。

Advertisement

ディナーの模様については「雰囲気はよかったです。試合(初戦)が終わった後だったんですけど、コースだったので長い時間ゆっくりと話すことができて、有意義な時間を過ごせたと思います」と充実感を表した。

こうしてチームをもてなす立場となり、さらにNBAも4年目、リーダーとしての自覚について質問が飛ぶと「4年目なんで、年を重ねて行くうちにベテランの部類に入ってくる。その中でチームとしては(自身も)大事な存在になって来ているので、プレーもうそうですけどコート外でもお手本になっていければと思っています」と自覚を示した。

この点については、ヘッドコーチからも「自信を持ってプレーしている」と見られており、自身も「慣れて来たことがあると思います。もう4年目になりますし、どういう感じになるか分かってきた。そういう中でゲームに集中できる環境になってきたので、余裕が見られるんだと思います」とレギュラーシーズンに向け決意を新たにしたようだ。

日本でのプレシーズン・ゲームは2連敗という結果に終わったものの、特に第2戦では昨季チャンピオンチームと互角の戦いが展開された。八村自身が目標に掲げるプレーオフ進出へ向け、これまで以上にチームを牽引するのか、さらなる期待とともに新シーズンを見守りたい。

◆Japan Games第1戦、最優秀選手は八村塁 しかし「ホームなのか」と観客に不満!?

◆凱旋帰国の八村塁、海外メディアに「日本のイタリアンは本当に美味い」と力説

◆Japan Games本日開幕、凱旋の八村塁が目標は「プレーオフ」と明言 個人成績は関係なしとバッサリ

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします