【プロ野球】「プホルス、ジャッジの仲間入り」56号の村上宗隆を米メディアも称賛 「WBCで目撃できる」と期待感も示す

スポーツ各紙を飾る村上宗隆、日本人最多「56号」と「三冠王」獲得の見出し
スポーツ各紙を飾る村上宗隆、日本人最多「56号」と「三冠王」獲得の見出し

今季最終戦で日本選手シーズン最多となる56号本塁打を放ち、史上最年少22歳での三冠王を獲得した東京ヤクルト・スワローズ村上宗隆。米メディアも若きスラッガーの快挙を大きく報道している。

◆【実際の映像】村神様が、世界の王貞治を超えた瞬間

■同僚助っ人「抑えることは難しい」

『MLB.com』は「スワローズのスター、ムラカミがホームランの歴史に名を刻む」との見出しを掲げ、記事を公開。まずは「ムラカミは今年56本目のホームランを放ち、伝説のサダハル・オーに並んでいたNPBの日本選手シーズン最多本塁打記録を更新した」と伝えた。

また、同記事は同僚キブレハンが9月に語っていた「彼は特別な人間でスーパースターに必要なものをすべて持っている。まだ若いのに日本中に旋風を巻き起こした。ムラカミのユニフォームを着たファンがあちらこちらにいる。彼を一目見ようとホテルで待っている人たちもいる。まるで、ロックスターと一緒にプレーしているようだ」というコメントを改めて紹介。サイスニードの「歯車が良い方向に回り始めているのが分かる。彼がまだ21歳(現在22歳)であることを忘れてはいけない。投手として、もし彼と対戦することになれば、彼を打ち取る作戦を立てるのは難しいだろう」という話も掲載した。

『CBS sports』は「ムネタカ・ムラカミ、レギュラーシーズン最終戦でNPBの日本選手本塁打記録を更新」という見出しとともに、「2022年、ヤンキースのスラッガー、アーロン・ジャッジだけが本塁打記録に挑戦する選手ではない」などと記し、歴史を塗り替えた61打席ぶりの1発を称賛。『ワシントン・ポスト』も「アルバート・プホルスとアーロン・ジャッジが本塁打の金字塔を打ち立てたが、22歳の日本人スラッガーも仲間入りした」とし、メジャー屈指のスラッガー2人と並べて称えた。

■WBCで大谷とのプレーに期待

いずれの米メディアも56号達成を祝福する一方、早期のメジャー移籍には懐疑的だ。「国際ルールの規則上、25歳未満で6年未満のプロ経験者は移籍しても契約内容に制限がかかり、価値に見合う正当な契約を得られない」ことを理由に挙げた。その上でアメリカのファンが村上の雄姿を初めて目にするのは「来春のワールド・ベースボール・クラシックWBC)だろう」と報じ、「エンゼルスのスター、オオタニと並んでプレーする彼を見ることができるはず」と伝えた。

◆【実際の映像】村神様が、世界の王貞治を超えた瞬間

◆清宮幸太郎を外し、ヤクルトが手に入れた「55」本塁打の村上宗隆

◆「プロ野球に村上宗隆あり!」野村克也元監督のボヤきに応える53号弾、記念ボールはノムさんへ

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします