紀平梨花がN高を選んだ理由は?…「時代の変化を感じる」との声も

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは日本時間9日に女子フリーが行われ、合計233.12点で紀平梨花選手がファイナル制覇を達成した。シニア1年目の達成は、浅田真央さん以来、日本勢では13年ぶり。

その紀平選手が、カドカワが2016年に開校した、インターネットと通信制高校の制度を活用した学校である「N高」の学生だということが話題になっている。

(c)Getty Images

紀平選手以外にも様々な選手が在学

N高は好きな時間・場所からインターネットを通して授業に参加でき、3年間で高卒資格を取得できる。

「IT×グローバル社会を生き抜く“創造力”を身につけ、世界で活躍する人材を育成する」ことが、N高の掲げているコンセプト。高校卒業のための学習にかかる拘束時間を最小限にとどめ、自らが学びたい事に多くの時間を充てる事ができることが強みだ。

N高には紀平選手のほか、フィギュアスケートの川畑和愛選手、e-sportsの相原翼選手、囲碁の広瀬優一棋士、上野愛咲美棋士など、様々な選手が在学している。

(c)Getty Images

N高を選択した理由

N高の公式ホームページは、2018年11月9日~11月11日に広島県・広島市で開催された「NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」において紀平選手が日本勢初のグランプリデビュー戦での優勝を果たした際にインタビュー記事を公開している。

同記事で、紀平選手はN高を選択した理由を「学校生活とスケートを両立できる学校がなかなかなくて、N高は合間の時間を有効活用して勉強ができたり課題ができたりするので、スケートにも集中できるというのがすごい良かったです」と回答している。

勉強するタイミングは、「結構バラバラなんですけど、車での移動時間とか、少し早く家に帰ってきた時や夜寝る前ですね。全然できていなかった時は朝もやったりします(笑)」ということだ。

(c) Getty Images

時代の変化?

紀平選手がN高に在籍していることについて、SNSでは驚きの声が上がっている。

また、時代の変化を意識する声もあった。

(c) Getty Images

 

《関連記事》

「紀平梨花も羽生結弦のようになって欲しいか?」というロシア記者の挑発的な質問に対する濱田コーチの答えが秀逸

紀平梨花、顔と筋肉のギャップが話題に「可憐に見えて実は腹筋バキバキ」

GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

コストルナヤ、史上最高に美しい選手?「どこをスクショっても美の金太郎飴」…趣味は外国語を学ぶこと

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします