内田篤人、ロシアW杯メンバー落選…諦めずにアピールし続けた半年間

右膝の怪我により、約3年も日本代表から遠ざかってしまった、鹿島アントラーズDF内田篤人選手。

ロシアW杯杯で日本代表に復帰するべく、Jリーグでアピールしようとしたが、残念ながらメンバー入りが叶わなかった。

そんな内田選手は、最後まで日本代表復帰を諦めていなかった。

ハリルホジッチ監督時代

(c)Getty Images

2018年1月に鹿島アントラーズに復帰した内田選手。Jリーグで日本代表復帰のためのアピールが始まった。

半年後のW杯に向けたアピール

現実的に見れば、2015年3月に右膝蓋腱を負傷し、同年6月に手術を受けたことによりおよそ3年弱の間に出場した公式戦が3試合である内田選手は、W杯メンバー入りは難しいはずだ。

だが、内田選手は決して諦めなかった。

2018年1月2日に鹿島アントラーズへの復帰を発表した内田選手。復帰発表会見で「半年、時間はある。戻せる時間はある」と話した。

内田選手は怪我とその後のリハビリにより、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣でもある2015年3月のチュニジア戦とウズベキスタン戦を最後に日本代表に招集されていない。

招集外となってから約3年が経っていたが、その後も内田選手は日本サッカー協会のスタッフと頻繁に連絡を取り合っていた。「(協会には)膝の状態を知ってもらっている。Jリーグ復帰が流れの変わるポイントになる」と語っている。

(c)Getty Images

2017年は試合出場機会に恵まれず、メンバー外となっていたが、右膝に違和感なく、練習に参加できていたという。

そのためなのか、それともプレシーズンキャンプでコンディションを上げていったからなのか定かではないが、2月14日のアジアチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節上海緑地申花戦ではスタメンでフル出場を果たし、上々のスタートを切った。

2月25日のリーグ第1節清水戦もスタメン出場し、フル出場とはいかなかったが、後半39分までプレー。このままの状況をキープできれば良かったのだが、ここでまた不運に見舞われる。右太ももの違和感により、戦線を離脱せざるを得なくなった。

直後の3月23日と27日には代表戦が控えていた。3月の代表戦は、ロシアW杯のメンバー発表前最後の代表戦。内田選手が復活をアピールできる絶好のチャンスとなるはずだった。

ハリルホジッチも内田篤人を気にかける

ハリルホジッチ監督も就任当初から内田選手のことを気にかけていて、2016年5月にリハビリ中だった内田選手を代表合宿に招集している。

また、3月3日のリーグ第2節ガンバ大阪戦と、3月13日のアジアチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節シドニーFC戦の視察に訪れてた。しかし、内田選手は清水戦後の右太ももの違和感により、どちらの試合もメンバー外となってしまった。

視察に訪れていたハリルホジッチ監督は当時、内田選手について「本当に復帰できて良かった。だが、レベルを取り戻さないといけない。もう少し時間が必要」と話していた。

ヨーロッパ遠征 マリ戦とウクライナ戦

3月15日に、3月23日のマリ戦、3月27日のウクライナ戦に向けた日本代表メンバーが発表された。そこに内田選手の名前はなかった。

このとき、内田選手と同じ右サイドバックの選手には、フランスのマルセイユでプレーする酒井宏樹選手が招集されている。

また、主戦場は左サイドバックだが、右サイドバックでもプレーできる浦和レッズの宇賀神友弥選手も招集された。

西野監督時代

(c)Getty Images

W杯が近づく中、ハリルホジッチ監督が突然解任される。内田選手の最後のアピールが始まった。

ガーナ戦と最終メンバーに向けたアピール

マリ戦が1-1の引き分け、ウクライナ戦が1-2の敗戦で終わった日本代表。4月9日にハリルホジッチ監督が解任され、その3日後の4月12日には、西野朗監督就任が発表された。

就任会見の際、西野監督は「過去の経験、実績、プラスここ1か月の状況を正確に見極めたい」と話していた。

4月21日のリーグ第9節川崎フロンターレ戦は西野監督が直接視察に訪れる。この試合、内田選手はスタメン出場したが、結果は4-1で敗戦。今季ワースト失点という苦い結果に終わってしまった。

内田選手は、4月14日のリーグ第8節名古屋グランパス戦で復帰していたので、この試合が復帰後2戦目だった。川崎フロンターレの正確なパスワークに苦しめられ、内田選手は後半21分に西大伍選手と交代させられる。

この試合後、内田選手は「西野監督を意識していたか」という問いに対し、「意識はしていたんだけど、それ以上に難しすぎたね、ゲームが」と打ち明けた。

3月の代表戦はアピールのチャンスを逃してしまった分、この試合でアピールしたかったという気持ちが伝わってくるコメントだった。

ガーナ戦、そしてロシアW杯

2018年5月18日に、5月30日のガーナ戦に向けた日本代表メンバー27名が発表された。ロシアW杯のメンバーには、この27名の中から23名が選ばれるので、27名に入らなければ事実上落選となる。

(c)Getty Images

右サイドバックの選手には、マルセイユの酒井宏樹選手が選出された。また、左右のサイドバックとボランチもプレー可能な、ドイツのハンブルガーSVでプレーする酒井高徳選手が選出された。

残念ながら、内田選手はロシアW杯のメンバーから落選。4月14日のリーグ第8節名古屋グランパス戦以降、公式戦6試合連続でスタメン出場していたが、3大会連続でW杯出場は叶わなかった。

スポーツ報知によると、この結果を受けて内田選手は「自分はここまで(復帰過程を)最速で来られたと思っている。そこまで落ち込んでいないよ」と話したという。

≪関連記事≫

うっちーこと内田篤人がひたすらかわいい…試合中もプライベートも!

内田篤人はブログを未開設!ツイッターやインスタグラム等のSNSも持っていないが、仲の良い選手のブログには度々登場!

内田篤人が引退を考えた理由は度重なる怪我…過去には日本代表の引退を口にしたことも

内田篤人の背番号は2!過去に背負った背番号の変遷についても解説

ノイアーと内田篤人…仲の良い2人がブンデスリーガ・シャルケ時代にチームメイトだった際のエピソード

内田篤人のポジションはDF!過去のポジション遍歴についても紹介

内田篤人、Jリーグ復帰後初アシスト!鹿島公式の”うっちー特集”にファン興奮…「カッコよすぎ!」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします