【車いすテニス】小田凱人が世界一ヒューエットを破りマスターズを優勝 いま明かす最年少記録を狙い続ける真意とは…

小田凱人が最年少初優勝を飾った瞬間 (C) Mathilde Dusol

新たな小田凱人が誕生した。

車いすテニス「NEC 車いすテニスマスターズ」が現地時間6日、オランダで開催され、小田凱人が史上最年少16歳5カ月29日で優勝を成し遂げた。同大会は、上位8人が出場できる世界ツアー最終戦。決勝ではグランドスラム6勝を誇るアルフィー・ヒューエット(イギリス)をストレートで破り、まさに自身の力が世界一に勝る実力があることを証明した。

◆車いすテニス界の新星、小田凱人が目指すは絶対王者・国枝慎吾、そしてパリ五輪金メダル

ヒューエットと言えば、小田を15歳でプロ転向に踏み切らせたキーパーソン。今大会のマスターズを19歳で制覇し、現在世界ランクNo.1の最年少記録(20歳1カ月23日)を保持。その記録を打ち破るためスタートを切った小田のプロ生活。今の旅路を「最年少記録をつくる運命」と形容し、驚くべき速さで成長を遂げている。

■負けるたびに変わっていった目指すべきテニス

ジュニア世界No.1としてシニア大会へ参戦し始めたのは去年のこと。今春からグランドスラム大会(以下GS)に次ぐITFスーパーシリーズに参戦できるようになり、夢に描いたトップ・プレイヤーたちと競い合いはじめた。

ヒューエットと初対戦が叶ったのは2月のことだ。がむしゃらに挑むものの「あの時は本当にボコボコにされましたね」と苦笑いをみせるほど完敗だった。ヒューエットの力強いショットには、あの国枝慎吾でさえ唸るほど。だが、その豪快なショットで攻め込んでくる展開に対しても小田のショットは引けを取らない。その手応えが「トップクラスでも通用する」と己の可能性を信じきる引き金となった。

全仏オープンが車いすテニスへの参戦人数を従来の8人から12人へ拡大したタイミングで、当時9位にいた小田に初のGS出場のチャンスがやってくる。その機会を活かし見事にベスト4へと進出し、ランキングをひとつ押し上げた。ウィンブルドンでは実績を認められ、期待の若手として主催者推薦枠を獲得。全米オープンに出場後、楽天オープン決勝では憧れの国枝とドラマチックな激闘を演じ「Tokito Oda」の挑戦を人々の胸に訴えかけた。

すべてが順調。傍から見ればその姿は、8勝と爽快に勝利街道を駆け抜けた昨季に比べると、掴んだタイトルはわずか1つにとどまる。「今年は新たなステージに立って学ぶことが多かった。負けるたびに目指すテニスが変わって、いつしか自然と目指すものと勝つためのテニスが合致しだした」と頭のなかとフィーリングの一致が秋からの好調へと繋がっていると話す。

■プロ宣言から約7カ月で最終戦のマスターズを優勝

小田凱人の快進撃は、まさに今始まったばかりだ 
 (C) Mathilde Dusol

「テニスを始めた頃から、自分のエースでポイントを取ることがモチベーションだった」と自身の天性の強みで押し切りたい気持ちと同時に「相手にミスをさせることも大事」という周りの言葉を消化しきれていたわけではなかった。それを今季の敗戦からかみ砕くことに成功、マスターズという大きな舞台で今まで以上のパフォーマンスを引き出すことになった。

「今季最後の大会なので勝って終わりたかった」。その意気込みはプレーの質を上げ続け、自ら得意とする速い展開でねじ伏せていく。それは準決勝のヨアキム・ジェラード(ベルギー)でも効果的に現れる。ジェラードは今年のウィンブルドンで1回戦負けを喫した相手。昨年のウィンブルドン覇者であり元世界一位、そしてマスターズ2勝を持つ車いすテニス界の重鎮に対し、どこで勝負をかけるか。「自分の調子も良いから、相手の調子も良くなってくる」。

その際どい心理戦を楽しむようにボールを四方または左右に散らしラリー戦を優位に進めた。相手の動きが少しでも劣勢になったと見ればネットに出てボレーでフィニッシュ。その覇気あるプレーに観客は吸い込まれるように小田へと声援を送るのだった。「最後はリターンをミックスさせながらラリーで打ち勝てたのが勝因」と、これまで2連敗していたジェラードにフルセットの末に初白星を挙げ、初のマスターズ出場で決勝へと駒を進めた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします