【カタールW杯】長友佑都、日本史上初4大会連続フィールドプレーヤー出場 吉田麻也は“井原超え”の単独3位123試合目

日本人史上初となる4大会連続W杯でフィールドプレイヤー出場を果たす長友(C)Getty Images

FIFAワールドカップカタール2022・グループE第1節が23日に行われる。ドイツと対戦する日本代表のスターティングメンバーが発表された。

◆識者が日本代表ドイツ戦を展望 カギ握る“バイエルンブロック”と19歳新星ムシアラ

左サイドバックとして先発に名を連ねた長友佑都は2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会に続くスタメン入り。日本のフィールドプレーヤーでは史上初の4大会連続出場を果たした。

また、主将として森保ジャパンを支えてきた吉田麻也もスタメン入りを果たし、A代表123試合目の出場となった。“アジアの壁”と称された井原正巳を超え、日本代表史上3位の出場数を記録することとなった。なお、1位は遠藤 保仁の152試合で、2位はドイツ戦にも名を連ねた長友が139試合で続いている。

■日本代表スターティングメンバー

GK
権田修一(清水エスパルス)
DF
酒井宏樹(浦和レッズ)
吉田麻也(シャルケ)
板倉滉(ボルシアMG)
長友佑都(FC東京)
MF
遠藤航(シュツットガルト)
田中碧(デュッセルドルフ)
鎌田大地(フランクフルト)
伊東純也(スタッド・ランス)
久保建英(レアル・ソシエダ)
FW
前田大然(セルティック)

◆識者が日本代表GSを展望 決勝T進出へ求められる森保監督の“大胆采配”と絶対的司令塔

◆【カタールW杯】ワールドカップ 歴代得点王一覧

◆【カタールW杯】ワールドカップ2022 得点ランキング

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします