『陸王』でも注目された”足袋型”の可能性…ロッテ・高野圭佑も足袋型ソックスを使用

ロッテの高野圭佑投手が4月16日にインスタグラムを更新して、プレーする際に大事にしている感覚や、それを養うための用具について語っている。

足のアーチを意識して開発された『TA8RAI(タビライ)』

休日はストレッチを長めにして過ごすという高野選手。ストレッチ後にはランニングを行ったが、その際に足袋ソックスの『TA8RAI(タビライ)』を使用した。

『TA8RAI』はプロ野球やメジャーリーグでトレーナーを務めた、高島誠さん監修の野球用パフォーマンスソックス。先が割れた足袋型の形状をしているのが特徴だ。

 

足のアーチを意識して開発されたという『TA8RAI』。高野選手も「以前から足の裏の感覚や、アーチを意識して投球やトレーニングを行なっている」と話しており、実際に着用して「とても良い感じでした!!」と好感触を得ていた。

新たな相棒を得た高野選手にフォロワーからは、「高野さん頑張ってください!!」「一軍での活躍楽しみにしています。怪我のないよう頑張って!」「高野選手!!今シーズンも応援してます」など、応援のコメントが寄せられている。

. こんにちは、休みの日は大体ストレッチをゆるーく長めにして過ごしています💨 ・ ストレッチの後にこの 足袋ソックス のTA8RAI を履いてみてランニングしてみました。 ・ 僕は以前から足の裏の感覚や、アーチを意識して投球やトレーニングを行なっているのですが、このTA8RAI(タビライ)とても良い感じでした!! 裏地に足のアーチを自然に作り出す加工がしてありパフォーマンスに良い影響が出そうですね! ・ 今日は早く休んで明日からの試合に備えます! 応援よろしくお願いします!マクレ! ・ #千葉ロッテマリーンズ #足袋ソックス #足裏 #TA8RAI #タビライ #ワークアウト #休日 #ストレッチ #マクレ

A post shared by 高野圭佑 (@keisuke_takano58) on


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします