李忠成が明かす、一流選手の共通点…「雑草魂」世代のひとりとして生きてきた

日本サッカーの強化・育成を目的に、世界基準のトレーニングを提供している「NIKE ACADEMY TOKYO」

11月22日、その特別セッションとして「NIKE ACADEMY ALWAYS FOWARD MASTERCLASS」が大原サッカー場(埼玉)で開催された。これは「スピード」と「精密なタッチとコントロール」を体現するプレーヤーを育成するために開かれたプレミアムクリニックだ。

この日は、「NIKE ACADEMY TOKYO」のセッションを過去にも受講したことのある、和田育(阪南大高)高木一史(JFAアカデミー福島U-18)ら高校生2名が浦和レッズの練習に参加。

高校生2名は、スピードを活かしたプレーが武器である元日本代表・李忠成選手とも言葉を交わし、アドバイスをもらった。

編集部はイベント終了後、李選手に刺激を受けてきたアスリートの存在や、今後挑戦していきたいことについて話を聞いた。(聞き手=大日方航)

前編はコチラ→李忠成が明かす「チャンスの掴み方」…1mmの隙を埋めるために

(c) NIKE

—:今まで出会ったサッカー選手で、刺激を受けたサッカー選手はどういった選手でしたか。

李忠成選手(以下、敬称略):僕の世代は本田圭佑、岡崎慎司、長友佑都、内田篤人とか、「雑草魂」的に下から這い上がった世代が最終的に活躍して海外に行ったりした。

(c)Getty Images 本田圭佑選手

(c)Getty Images 岡崎慎司選手

(c)Getty Images 長友佑都選手

(c)Getty Images 内田篤人選手

でも、若い時は家長昭博が群を抜いて天才だと言われていた。北京オリンピックで集まった時は、家長が一番うまくて、平山相太もうまくて。

サブに圭佑(本田圭佑選手)とか岡(岡崎慎司選手)とか佑都(長友佑都選手)とか僕とかかがいました。

(c)Getty Images 家長昭博選手

(c) Getty Images 平山相太氏

そういうサッカーが上手い選手にいかに勝つか、どうやったらうまくなるんだろうとか常に考えていていたのがよかったと思います。それが今につながっている。

考えないで、ただただサッカー楽しいな、というだけでやっていたら絶対上手くなりません。

—:本田選手、岡崎選手、長友選手、内田篤人選手らとの結束感のようなものがあったと。

李:みんな、生意気でしたね。「俺がやってやる」みたいな感じでした。21とか22くらいの頃、今の日本代表を食ってやろうぜ、みたいな。僕たちが台頭しなきゃダメだろ、みたいな感じでみんなで話していたのは覚えています。

多分、今の子たち、堂安(堂安律選手)もそういうこと言ってんだろうな、と思います。勢いを感じられるので面白いですよね。

僕たちの時よりも間違いなく上手いとは思うし、あと海外での経験もしているし。日本代表が破れなかった殻というのをぜひ破ってほしい。

(c) Getty Images 堂安律選手

前回のロシアW杯もベルギー代表に負けましたけれども、試合途中、ベルギーに勝っているところまでは、この試合をあと3回やれば本当に優勝するんじゃないかという夢・可能性を見てしまった。

それは間違いなく僕だけじゃない。その夢、可能性は絶対にある。後輩たちには是非W杯で優勝して欲しいですね。

(c) NIKE

—:元横綱の朝青龍氏など、サッカー分野以外でのアスリートをはじめとした方々とも李選手は交友があると聞いています。他の分野のトップの方からは、どういった学びを得ていますか。

李:何だろうな。みんな共通して、ポジティブに貪欲ですよね。限りなく夢がでかいし。

成功している人ほど、変なオーラは纏っていない。一緒にいてネガティブになることは間違いなくない。ほんとにポジティブなことしか言わないし、見ている目標がすごく高い。一緒にいて気持ちいい。

そういう人じゃなきゃ最終的には生き残らないんじゃないですかね。

—:現在チャレンジしていきたいことはどのようなことがありますか。

李:10年前くらいは、30歳を超えたらサッカー選手としては旬を過ぎたという感じの風潮がありましたが、今は色々なトレーニング技法・食を含めたコンディション調整法の分野が格段にレベルアップしているし、選手の意識もすごく上がっている。

だから、35歳、40歳になってもこんなに動けるんだぞ、という可能性を見せたいですよね。

サッカー人気をあげたいというのも勿論ありますし、上の世代の人たちに夢を見せたい。

(※)2018年12月19日で李選手は33歳を迎えた

例えば武井壮さん。45歳です。ラグビーの山田(山田章仁選手)って、あいつ同い年なんですけれど、めちゃめちゃ足速いんですよ。

でも、武井さん、30m走は山田より速いですからね。

(c) Getty Images 武井壮さん

(c) Getty Images 山田章仁選手

この間も、武井さんは世界一を獲得しました。単純な100mだけれど、あの人は夢っていうのを見せていますよね。45歳でもこれぐらいやれるんだ、って。そういったものをサッカーでも見せたいですね。

(※)スペイン・マラガで開催された「世界マスターズ陸上2018」の、男子400メートルリレー(45歳クラス)で武井壮さんらは金メダルを獲得した。

サッカーじゃなくても、めちゃめちゃいっぱいやりたいことがあるんですけど、やっぱりサッカーが第一になる。

サッカー選手は誰もがなれない職業であって、5~6万人の観客が見ている中、スタジアムでゴールをとった喜びは、味わいたくてもゴールした人しか味わえない。

今はとことん選手を追求していくことがその後のことに繋がっていくと思うので、とにかくサッカーを追求していきたいですね。

もちろん、自分の培ってきたことを伝えることも大事だと思っています。自分が経験してきたことを言葉にして、これからサッカーで活躍していく子たち、スポーツをしていく子たちに何か還元できればいいなと思っています。

自分の夢は日本全国の各都道府県、北海道から沖縄までサッカー教室をしながら巡ることなんです。そこからも何か気づきがあればいいな、と。

編集後記

話を聞いていて、ものすごく自分のことを丁寧に見つめている選手だということをひしひしと感じた。

自分のことを理解するために、李選手が利用していたツールの一つが「サッカーノート」だ。

日々「感覚を言葉に落とし込む作業」を繰り返していると、「自分の癖」が理解できてくるのだという。

これを聞いて、思い出したのはビッグコミックスピリッツで連載中のサッカー漫画、『アオアシ』(小林有吾)だ。愛媛県の弱小サッカー部に所属していた中学生が、東京に上京しプロサッカー選手を目指す物語。

才能はあるものの、感覚ばかりに頼ってプレーをしていた主人公は、ユースチームに入団したあと壁にぶつかり、チームのお荷物扱いに。

それも、自身のプレーが言語化できず、再現できていなかったからだ。のち、言語化を意識することによって、主人公は飛躍的な成長を遂げていく。

この漫画を読み進めるにあたって痛感させられたのは、サッカーが上手くなるために必要なのは、やはり自身の考えや行動を「言語化すること」なのだということだった。李選手は、その重要性を昔から肌で理解していたのかもしれない。

さらに、李選手は言語化によるアプローチに加えて、イメージによるアプローチも欠かさなかった。

映像で一流選手のプレーを見て、それを「真似る」ことをずっと継続しているという。

李選手が高校生の頃は「YouTubeとかそういった教材がそこまでなかった」というが、今は「DAZNとか見れば、色々な人のプレーとか色々なチームの攻め方というのが見れるし、真似できる」と現代の若い世代の選手に提言していたのも印象深かった。

(c) NIKE

また、興味深かったのは、同世代の選手として本田選手、岡崎選手、長友選手、内田選手らの名前を挙げ、「雑草魂」的に下から這い上がった世代である、と自らの世代を定義したことだ。

家長選手や平山選手といった「天才」らに勝つことを意識しながら鍛錬し、「俺たちの世代」で下克上を起こそうと語り合ったのだと明かしていた。

結果的に「雑草魂」を持った、李選手をはじめとした選手たちは日本を代表するサッカー選手に成長した。なんだか、スポーツ漫画のようではないか。

サッカーのみならず様々な一流アスリートと交流のある李選手。

そうした選手の共通点についてみんな共通して、ポジティブに貪欲ですよね。限りなく夢がでかいし。成功している人ほど、変なオーラは纏っていない。一緒にいてネガティブになることは間違いなくない。ほんとにポジティブなことしか言わないし、見ている目標がすごく高い。一緒にいて気持ちいい」と挙げていたが、話を聞いていて、私はまさに李選手に当てはまる特徴だと感じたのだった。

《大日方航》

前編はコチラ→李忠成が明かす「チャンスの掴み方」…1mmの隙を埋めるために

【関連記事】

西川周作がプロになってからずっと続けてきた、ある習慣とは…田舎から出るのが怖かった少年時代

李忠成と西川周作が、高校生2人に伝えたこと…悔いを残さないための準備とは

李忠成選手プロフィール

(c)Getty Images

  • 生年月日:1985年12月19日
  • 出生地:東京都保谷市(現・西東京市)
  • 身長/体重:182cm/73kg
  • 出身:東京朝鮮第九初級学校,保谷市立柳沢中学校,都立田無高校
  • サッカー歴:こみねFCー横河FCジュニアユースーFC東京U-18ーFC東京ー柏レイソルーサンフレッチェ広島ーサウサンプトンFC(Premier League/イングランド)ーFC東京(期限付き移籍)ーサウサンプトンFCー浦和レッズ(2014年)
  • 日本代表A:11試合出場・2ゴール(2018年1月末現在)
  • 公式戦デビュー:2005年3月19日 柏3-1 F東京(NC)
  • Jリーグデビュー:2005年7月10日G大阪2-3 柏
  • Jリーグ初ゴール:2006年4月22日 札幌2-3 柏(J2)

前編はコチラ→李忠成が明かす「チャンスの掴み方」…1mmの隙を埋めるために

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします