Advertisement

【ダカール・ラリー】9日目 セバスチャン・ローブの逆襲、ステージ8を制す トヨタのナッサー・アル-アティヤは総合首位堅持 

 

【ダカール・ラリー】9日目 セバスチャン・ローブの逆襲、ステージ8を制す トヨタのナッサー・アル-アティヤは総合首位堅持 
総合4位だったトヨタのジニエル・ド・ヴィリエール(右下)を追うセバスチャン・ローブのBRX(左上) (C) Eric Vargiolu / DPPI

世界ラリーレイド選手権(W2RC)開幕戦ダカール・ラリー2023は8日、アル・ドゥワディミからサウジアラビアの首都リヤドまでを走破するステージ8を戦い、ステージ2で総合31位まで順位を落としていたセバスチャン・ローブ(バーレーン・レイド・エクストリーム)がこのステージを制覇。前日までにトヨタが築き上げた1-2-3-4体制を切り崩し、総合でも4位に返り咲いた。

◆8日目 ナッサー・アル-アティヤは大差で安全運転 トヨタは1-2-3-4体制を維持

■首位フィニッシュはカルロス・サインツJr.だったが…

今大会は豪雨に祟られることが多く、この日のスペシャル・ステージ(SS)は345kmに短縮。それでも砂利、砂丘、谷の連続となるコースは特にナビゲーションの難しいステージとして立ちはだかった。

このステージ、最速タイムを叩き出したのは実はカルロス・サインツSr.(チーム・アウディ・スポーツ)。3時間32分55秒でフィニッシュしたものの、リエゾン区間のスピード違反で5分のペナルティを課せられた。

これにより3時間34分34秒でフィニッシュしたローブがステージ首位。総合首位をひた走るTOYOTA GAZOO Racingナッサー・アル-アティヤはローブから2分11秒遅れでフィニッシュ。ローブに対しトータルで2時間近いマージンを死守する走りを見せ、繰り上がりでステージ2位となった。

ステージ6でクラッシュ、大きく順位を落としていたサインツはペナルティを受けながら3位となり、総合で100位ながら60歳となった大ベテランの意地を見せた形だ。

首位フィニッシュしたカルロス・サインツ Sr.のアウディ RS Q e-tron E2だったが… (C) Eric Vargiolu / DPPI

■安息日を前に3者3様の思惑が…

サインツはステージ後、「まぁ、良いステージだった。雨のせいで、かなりスタートが遅れたが、そのおかげでクリーンなステージになった。これまでのトラブルについては、もちろん非常に失望している。チーム全体にあまり運がなかったと思う。引き続きアタックしてレースを楽しむよ」と、首位を失ったレースを振り返った。

繰り上がりで首位フィニッシュとなったローブは「今回はクリーンで良いステージだったよ。ステージそのものは簡単ではなかったけど、パンクひとつでホイールを交換するだけで済んだし。今後、どうなるかはわからないが、ひとつひとつベストタイムを刻むだけだ。ここまで来ることができて、ほっとしてるよ」と、過去のアクシデントを乗り越えた点に安堵しているようだった。

Advertisement


総合首位で中日を迎えたアル-アティヤは「今日はパンクもなかったし、アタックできる砂漠地帯まで我慢して走ることができた。3位フィニッシュでとてもハッピーだ(後に2位繰り上げ)。前半でのチームのハードワークが功を奏している。ここから先は毎日トップ3でフィニッシュし、チャンピオンシップのポイントも稼ぎたいね。来週は自分のウチのような砂漠ステージだ。でも、とにかく気をつけて、1日1日に大事に過ごすよ」とカタール人として、自分の庭のような砂漠でのレースに自信を覗かせた。

ダカール・ラリー2023はこの日折返し、9日は安息日となる。ステージ9は10日、首都リヤドからハラドまで総合距離686km、SS区間358kmを走破する。

ステージ8(9日目)結果

1.SEBASTIEN LOEB(BAHRAIN RAID XTREME) 03H 34′ 24”
2.NASSER AL-ATTIYAH(TOYOTA GAZOO RACING)+ 02′ 11”
3.CARLOS SAINZ Sr.(TEAM AUDI SPORT)+ 03′ 31”
4.HENK LATEGAN(TOYOTA GAZOO RACING)+ 04′ 53”
5.JAKUB PRZYGONSKI(X-RAID MINI JCW TEAM)+ 10′ 19”

総合順位

1.NASSER AL-ATTIYAH(TOYOTA GAZOO RACING)31H 02′ 58”
2.HENK LATEGAN(TOYOTA GAZOO RACING)+ 01H 03′ 46”
3.LUCAS MORAES(OVERDRIVE RACING)+ 01H 20′ 22”
4.SEBASTIEN LOEB(BAHRAIN RAID XTREME)+ 01H 52′ 06”
5.GINIEL DE VILLIERS(TOYOTA GAZOO RACING)+ 02H 04′ 20”

◆【ダカール・ラリー2023】特集 トヨタが狙う三菱以来となる日本勢連覇 最新ニュース一覧

◆ダカール・ラリー2023が開幕 初日はアウディがトップ・タイム、トヨタ勢は三菱以来の連覇なるか

◆TOYOTA GAZOO Racingのナッサー・アルアティヤ組が総合優勝「最高の気分!」 アリ・バタネンの4度制覇に並ぶ

Advertisement


文●SPREAD編集部