Advertisement

【MLB】大谷翔平がトレード市場に出たら「昨夏のフアン・ソト移籍騒動などポケモンの交換レベル」と公式サイトが熾烈ぶり予測

【MLB】大谷翔平がトレード市場に出たら「昨夏のフアン・ソト移籍騒動などポケモンの交換レベル」と公式サイトが熾烈ぶり予測
12勝目翌日に先制2ランしベンチで祝福を受ける大谷翔平 (C) Getty Images

MLB公式サイトは17日(日本時間18日)、ア・リーグ西地区の今季展望を掲載。大谷翔平が所属するロサンゼルス・エンゼルスについては「ベテラン勢がシーズンを通して健康でいられるかどうか」と「オオタニがいつまでチームに残るか」という2点をポイントに挙げた。

◆「肉体的な厳しさに耐えられない」大谷翔平の同僚、ウォルシュが二刀流断念の内幕明かす

■ベテラン勢のコンディションもカギ

記事を執筆したウイル・リーチ記者は、ア・リーグ西地区を構成するヒューストン・アストロズ、シアトル・マリナーズ、テキサス・レンジャーズ、オークランド・アスレチックス、エンゼルスについて、それぞれ2点ずつ今季のポイントを明記し、寸評を加えた。

Advertisement

その中でエンゼルスについては「ベテラン勢」と「大谷の動向」の2点をポイントに挙げた。前者については「昨季の問題は投手陣ではなく、ラインナップが崩壊したこと。負傷者が出てボロボロになったが、ベテランが多いとそういうこともある」と指摘。その上で、今オフに補強したハンター・レンフローやブランドン・ドルーリーらも30歳を超えており、昨季の二の舞になることを危惧。

エンゼルスに上位進出のチャンスがあるとすれば「マイク・トラウト、ジャレッド・ウォルシュ、新加入の2選手とショウヘイ・オオタニ、そして、特にアンソニー・レンドンが健康でいられる場合に限られる」とし、シーズンを通してベテラン勢が健康を保てるかどうかがカギになるとした。

■チーム成績次第で二刀流を手放すか

そして、後者については「今のところエンゼルスはオオタニに対するトレードの申し出には一切応じない姿勢を貫いているが、それはあくまでポストシーズン進出を目指しているから」と大谷を取り巻く状況を説明。しかし、「6月下旬の時点でプレーオフ圏内から8ゲーム差離されていたらどうなるだろうか」と疑問を投げかけ、ポストシーズン進出の可能性が低くなった時点でトレード話が浮上してくると示唆した。

そして、「チームがオオタニのトレードに関する電話に出ると明らかになったら、すぐに大騒ぎになるだろう」と予測。昨夏10球団ほどが争奪戦に参加した若き天才打者、フアン・ソトを巡る移籍騒動を引き合いに「(大谷獲得レースは)ソトのトレードなどポケモンの交換レベルに思えるくらい熾烈になるだろう」と記した。

Advertisement

いずれにせよ、大谷は今季終了後にフリーエージェント(FA)となる。夏にトレードとなるか、契約を結び直して2024年以降もエンゼルスに留まるか、あるいは今シーズンを完走してからFA市場に出るか。

可能性は複数あるが、「勝てるチームでプレーしたい」と望む大谷にとって、まずはエンゼルスの戦いぶりが方向性を決める重要な要素になることは間違いない。

記事はア・リーグ西地区の順位予想も掲載。アストロズが100勝62敗で1位、マリナーズが91勝71敗で2位、エンゼルスが85勝77敗で3位、筒香嘉智とマイナー契約を結んだレンジャーズが78勝84敗で4位、藤浪晋太郎が加入したアスレチックスが60勝102敗で5位と予測した。

Advertisement

◆「肉体的な厳しさに耐えられない」大谷翔平の同僚、ウォルシュが二刀流断念の内幕明かす

◆藤浪晋太郎、同級生2人にライバル心「大谷翔平、鈴木誠也と対戦したい」アスレチックス入団会見で抱負

◆【WBC】特集:“史上最強”侍ジャパンが世界一奪還へ 対戦カード・日程・放送予定・メンバー一覧

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします