栗原三佳、脅威の成功率を誇る3ポイントシュートの秘密は”ケツ”?「ケツには自信があります」

「ジャンクSPORTS」が4月22日、フジテレビで放映された。同番組は、各界で活躍する一流のアスリートとMCを務めるダウンタウンの浜田雅功さんとの絶妙なトークが見どころだ。

この日は各競技における”技”のスペシャリストが集結。元プロ野球選手・佐々木主浩さん、モーグル・原大智選手らが出演するなか、バスケットボール・栗原三佳選手の3ポイントシュートの秘訣が紹介された。

3ポイントシュートのスペシャリスト、栗原三佳とは?

トヨタ自動車アンテロープスに所属する栗原選手は、3ポイントシュートのスペシャリスト。

その爆発的な得点能力を武器にバスケットボール女子日本代表でも活躍。2015年アジア選手権優勝、2016年リオデジャネイロオリンピックでは20年ぶりとなる五輪ベスト8に貢献した。

実力はもちろん、その美貌でも注目を集める。夫はB.LEAGUEに所属するバスケットボールチーム、サンロッカーズ渋谷の藤高宗一郎。2017年5月に結婚していたことを発表している。

3ポイントシュート成功の秘訣は“お尻”?

MCの浜田さんから「体で自信のあるところは?」と聞かれた栗原選手は「ケツです」と即答。シュートを打つ際には「おしりから腕に力を伝える」ことが重要だという。

また、「シュートの時は踏ん張りが大事なので、スクワットをする時もお尻を意識したりしています」と栗原選手。太ももにチューブを巻いて、負荷をかけながら股関節を動かすトレーニングの様子も公開された。

栗原さんのお尻を触らせてもらったフジテレビの永島優美アナウンサーは、鍛え上げられたお尻の筋肉に驚愕。その際にも「ケツには自信があります」と発言する栗原選手に対して、「ケツケツ言うな」と浜田さんのツッコミが入るひと幕もあった。

世界でもトップクラスの成功率

リオ五輪では、6試合で24本の3ポイントシュートを決める活躍を見せた栗原選手。同大会での成功率は51.1%で世界3位を記録した。

平均身長の低い日本チームにおいて、3ポイントシュートは勝負の鍵を握る生命線とも言われる。東京オリンピックでの活躍も大いに期待がかかる。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします